>> 【MCバトル革命】ABEMAでのMCバトル配信ラッシュまとめ
>> 5と0の日は楽天でお得に商品ゲット>> Amazonのラッパーファッション一覧
スポンサーリンク

【1日目】青春十八きっぷで行く男一人旅【栃木~仙台編】

JR仙台駅ライフスタイル

ふらっと青春十八きっぷの1人旅。

この記事では、1日目を紹介します。

栃木~仙台までまったり回れました。

前日の夜に夜行バスで大阪から東京に出て、東京からのスタートです。

それでは、レッツゴー!

ふるふる
ふるふる

3日間の全情報は以下記事にまとめています!

NEXT 【2日目】松島~猊鼻渓~福島編

スポンサーリンク

【ルートと金額】青春十八きっぷで行く男一人旅【栃木~仙台編】

まずざっくり、ルートと金額面については下記です。

ルートと内容

■※0日目

24:00:夜行バスで大阪発

==

■1日目ルートと内容

8:00:夜行バスで東京駅着

8:40:東京駅からJR乗車(駅内で朝マック)

10:30:宇都宮駅着

↓ (友人に車出してもらう)

11:30:日光東照宮観光

14:10:宇都宮に帰り、駅で昼食(みんみん)

15:00:宇都宮でJR乗車

白河、福島など通過:ここあたりが暇すぎる

20:00頃:仙台駅

善治郎で牛タンを食べ、快活クラブで就寝

==

JR乗車時間:約6時間半

==

実際の交通費:6,360円

浮いた額:3,860円

観光で回ったのは、日光と仙台ですね。

福島とかも回りたいところでしたが、弾丸旅行なので時間が足りずでした。

交通費と浮いた額

※1日のJR代から、十八きっぷ1日分換算(2,500円)を引いて計算

■1日目

東京→宇都宮:1,980円

宇都宮→仙台:4,380円

↓↓↓

計:6,360円

(-2,500円=3,860円お得)

1日でこれだけ節約できたら、結構良いんじゃないでしょうか。

比較してるJR代がそもそも安く、新幹線とか使ってたら本来3倍くらいかかりますので。

ふるふる
ふるふる

コスパの良い旅ができました!

スポンサーリンク

【写真でゆるく紹介】青春十八きっぷ男一人旅【栃木~仙台】

ゆるく紹介していきます。

旅行ガイドブックみたいな感じで読み進めてください。

コーヒーで始める朝(AM8:30)

電車でマックカフェを飲んでる写真

夜行バスで東京駅に到着。

すぐに栃木まで向かわないと時間がなくなるので、駅内のマックを爆速で食し、コーヒーを握ってJRに乗車。

宇都宮までは、上野東京ラインで2時間弱ほどです。

JR宇都宮に到着(AM10:30)

宇都宮駅の写真

初っ端から2時間は少し疲れます。が、これはまだ序章です。

人生2度目の宇都宮に上陸しました。

ここから友人と合致し、日光に向かいます。

ふるふる
ふるふる

いきなり一人旅じゃなくなってますが、許してください。

1人でも十分行けるルートですので。笑

▼車以外で行く際のルート

JR日光駅・東武日光駅より東武バス日光に乗車、「中禅寺温泉」または「湯元温泉」行きで5分「神橋」下車、徒歩8分。またはバスで8分「表参道」下車徒歩約2分。

※余談ですが、人生初めての宇都宮上陸はキャンピングカー日本一周旅行の時でして、そちらは下記記事にて紹介しています。

>>【宇都宮~水戸編】キャンピングカー日本一周旅行で餃子とアンコウ鍋を堪能

いざ、日光東照宮へ(AM11:30)

日光東照宮の写真

さすが世界遺産!

遠目でも煌びやかで凄いのはもちろんのこと、近くで見ると細部までこだわっていて圧巻の建築技術でした。

しっかりお参りしてきます。

三猿が可愛い

日光東照宮の三猿

「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名な三猿。

写真だと、左から、聞かざる→言わざる→見ざるの順です。(右から見ると本来の順)

お茶目な猿って感じで可愛いです。

おまけ:三猿ふるふるver.

三猿とふるふる

めちゃくちゃ観光客っぽいことしてきました。

ここに行ったら是非記念撮影してみましょう。

宇都宮へ戻り、餃子を食す(PM2:10)

宇都宮みんみん

日光を40分ほど観光し、また宇都宮に戻ってきました。

今日中に仙台に行く必要があるので、ぱつぱつなスケジュールです。

ランチには、宇都宮餃子といえば、、ってことで定番の『みんみん』です。

さすが栃木名物、美味い

宇都宮みんみんの餃子

焼き餃子と水餃子を注文。

水餃子の汁には味がついてないので、タレを入れてしっかり混ぜて食べます。

普段餃子を食べるときは何も考えてないのに、こうやって名物の餃子を食べるとめちゃくちゃ美味しく感じますね。(餃子に謝れ)

JR乗車、栃木から仙台まで直行します(PM3:00)

新白河駅の写真

宇都宮から仙台までは4時間45分。

クソ長え、、これこそ青春十八きっぷ旅行て感じですね。

まずJR宇都宮線で黒磯まで向かい、東北本線に乗り換えて福島県の新白河へ。

この時点で17時前くらいですね。12月なので空が既に暗くなってきました。

ラッパーのMU-TONは白河出身でして、ラップ好きの僕にとってはめちゃくちゃ興奮しました。

(まあ通過しただけなんですが。笑)

※めちゃくちゃ余談ですが、ムートンのことも色々記事にしてますので、超暇な方はこちらから読んでみてください。

福島駅、なんか良いですね

JR福島駅の写真

ただ通過するだけなのに、「ええなー」と1人で呟いてました。

「なんでやねん」て思うでしょう。僕もなんでやねんと思ってます。

電車長いし遠すぎる、、

仙台行きのJRの写真

予想はしてましたが、電車がクソ長え。。

福島から仙台までも1時間半くらい乗ります。

1人なので超寂しいです。

が、ひとり旅は長時間ボケーっとするのも醍醐味なので、これもある種の楽しみだと思って乗り越えてます。

栃木発から5時間、ついに仙台着(PM8:00)

JR仙台駅

到着した時の喜びときたら、もう何にも例えようがないほどでした。

とりあえず、晩御飯を食べにいきます。

晩御飯は、やはり名物牛タンを食べに

たんや善治郎の写真

口コミ評価がヤケに高いこの店に来ました。

そりゃあもう、仙台といえば牛タンを食べに来ないとって神のお告げのように忠実に従ってました。

大満足すぎる牛タン定食

善治郎の牛タン

写真の量で3,000円ちょい。

牛タンにソーセージや麦ごはん、スープ付きです。

もうね、「満たされる」って言葉は仙台の牛タンを食った時のためにあるんだ!って心の底から思いました。

まずこんな肉厚な牛タンは仙台ぐらいでしか食べれませんからね。

ハイボールもぐいぐい進みました。

仙台駅の快活Clubにて就寝

仙台駅の快活clubの写真

宿を取らずに旅に出てしまったので、快活クラブで寝る羽目に。

これぞ男1人だからこそなせる業です。

なんだかんだ仙台で一泊2,000円くらいで寝れるの、最強じゃね??と思いながら爆睡しました。

シャワー無料だしドリンクバーもついてるし、ちょっと落ち着けない以外は完璧です。

けどまあ、読者さんは普通にホテルで寝てくださいね!

仙台駅前のホテルはクソ高いですが、快適に過ごした方が旅の疲れは癒えますので。

ふるふる
ふるふる

てことで、1日目終了〜!お疲れ様でした!

スポンサーリンク

【1日目総評】餃子も牛タン美味くて充実してた、が宿は取っときましょう

移動ばかりでしたが、餃子も牛タンも食べれて、グルメ旅行っぽくなってました。

昼くらいに行った日光も、仙台に着いた頃には遥か昔の出来事のように感じてました。

2日目は、松島~猊鼻渓げいびけい(岩手)~福島の旅です。

この日が1番メインですね。是非チェックしてみてください。

▼2泊3日の青春十八きっぷ東北旅行概要まとめ

▼関連人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました