>> 【MCバトル革命】ABEMAでのMCバトル配信ラッシュまとめ
>> 5と0の日は楽天でお得に商品ゲット>> Amazonのラッパーファッション一覧
スポンサーリンク

【大阪発】青春18きっぷで東北一人旅【2泊3日の弾丸モデルコース】

JR福島駅の写真ライフスタイル

JR乗り放題の青春十八きっぷ。

1日あたり2,500円で無限に乗れて、遠方の観光地巡りにはこの上ないチケット。

ならば誰もが一度は思うでしょう。

「十八きっぷをふんだんに使ったら、どこまで楽しめるだろう?」

この心から湧き出す好奇心を抑えきれず、男1人で大阪から東北まで旅立ってきました。

この記事では、この旅のルートや乗車時間、節約できた交通費、キツかったことなどを書いていきます。

スケジュールの関係で2泊3日に絞ったので、社会人の土日などのモデルコースに参考になるかと思います。

ふるふる
ふるふる

それでは、レッツゴー!

スポンサーリンク

【経緯】なぜ青春十八きっぷで大阪から東北に行こうと思ったか

JR仙台駅

結論、ノリです。

「JRでまったり東北一人旅って楽しそうじゃね?」くらいのフットワークで行きました。

十八きっぷだと電車賃抑えれるし。

まあ、特に深い理由はありません。

と言うか、旅に理由なんぞいらねえ!!(カッコよくなっ)

真面目に話すと、東北はほとんど経験がなかったから

大阪出身なので、東北にはあまり馴染みがありません。

勤務歴も、東京で1年、リゾバで北海道、石垣島、西伊豆、岡山と転々としてましたが、見事に東北は無かったんですよね。

参考記事 年4回の全国周遊リゾートバイト体験談

いちおう2020年にキャンピングカーで日本一周はしてますが、スケジュール的に一箇所をゆっくり回れてないんですよね。

ふるふる
ふるふる

なぜか東北行く機会が少ない、、じゃあ行くしかねぇ!みたいな感じです。笑

あと、普通に行きたいところがあった

岩手の猊鼻渓の写真

岩手の猊鼻渓げいびけいに行きたかったんですよね。

舟下りがめちゃくちゃ楽しそう!て思ったので。

しっかり行けてよかったです。

ここを回った感想は別記事にて、詳しく紹介します。

ふるふる
ふるふる

他にも、日本三景の松島や仙台、日光東照宮も回りたいなと思ってました!

あと、十八きっぷだと交通費が抑えれるから

青春十八きっぷ

新幹線、飛行機、どれも高え!!

て時に行き着くのは、やはり乗り放題の十八きっぷ。

好きな場所で降りまくっても追加課金されないので、本能のままに行く一人旅にはもってこいすぎます。

安い反面移動がだるいってデメリットもありますが、それもまた一興。

ネタにもなって良い旅行を作れます。

「青春十八きっぷてなんぞ?」て方は、以下のページをご覧ください。

簡単に言うと、1日2,500円ほどでJR全線が乗り放題になるチケットのことです。(普通・快速車のみ)

※名前的に困惑しますが、18歳限定とかではないですよ。

>> JR東海-お得なきっぷ

スポンサーリンク

【全貌】2泊3日の東北旅行、全コース【乗車時間も】

通ったルートは、下記の通り。

■0日目

夜行バス:大阪(梅田)→東京駅

バス乗車時間:約8時間

==

■1日目

東京駅→宇都宮駅→日光東照宮(車で)→宇都宮駅→(白河、福島など通過)→仙台駅

JR乗車時間:約6時間半

==

■2日目

仙台駅→松島海岸→猊鼻渓(岩手)→仙台→福島駅

JR乗車時間:約7時間

==

■3日目(~4日目朝)

福島駅→足利駅(栃木)→東京(夜行バス)→大阪

JR乗車時間:約6時間半

バス乗車時間:約8時間

「大阪から全部JRちゃうんかーい!」と思ったあなた。

スミマセン!!

東北がメインなので、時間的に大阪⇄東京間はカットしようと思った次第です。。笑

でもまぁ、割と現実的なコースで、かつ社会人にも優しいスケジュール感で組めたはず。

ふるふる
ふるふる

1日有給で実現できます^ – ^

あと、宇都宮~日光と足利は、現地の友人と過ごしてます。

ここだけ一人旅じゃないので、ご了承ください。笑

スポンサーリンク

【交通費】東北旅行JRの全額と、18きっぷで浮いた額

仙台行きのJRの写真

青春18きっぷの値段は12,050円。

(3日分なので約7,500円換算)

今回のルートで、本来かかるJR代は17,850円。

よって、約10,350円ほど浮かせれました。(17,850円-7,500円)

なお内訳は、以下の通り。

JR代の内訳

※1日のJR代から、十八きっぷ1日分換算(2,500円)を引いて計算

■1日目

東京→宇都宮:1,980円

宇都宮→仙台:4,380円

↓↓↓

計:6,360円

(-2,500円=3,860円お得)

==

■2日目

仙台→松島海岸:418円

松島→猊鼻渓:1,690円

猊鼻渓→仙台:1,980円

仙台→福島:1,342円

↓↓↓

計:5,430円

(-2,500円=2,930円お得)

==

■3日目

福島→足利:4,070円

足利→東京:1,980円

↓↓↓

計:6,060円

(-2,500=3,560円お得)

==

■3日間合計額

本来のJR代:

6,360円+5,430円+6,060円=17,850円

合計で1万円以上浮いたのは、結構デカいですね。

新幹線を使うと更に5万くらいは上乗せされるので、なかなか格安旅行に抑えれたと思います。

スポンサーリンク

【本音】この旅のキツかったところ【と、乗り越えるコツ】

キツかったところは、以下の通り。

キツかったところ
  • 乗車時間長すぎ
  • ひとり寂しすぎる
  • 座りすぎて腰が痛すぎる
  • マジで1日の大半は移動
  • ちょくちょく乗り換えるので爆睡できない

はい。。もう予想通りですね。

とにかく『ほぼ移動で暇&寂しい』に尽きます。

そのクソ長い乗車時間の対処法

僕は下記を行なってました。

乗り越えた方法
  • ちょびちょび仮眠
  • ボケーっと景色を眺めた
  • アマプラとNetflixでアニメ視聴
  • 持ってきてた本で読書
  • Kindleで読書
  • 充電できる場所ではひたすら充電(スマホ&イヤホン)

アマプラNetflixは定番ですね。とにかく電車には最適すぎる。

旅行当時(2022年12月)、たまたまジョジョ6部が全話配信されたところだったので、ウェザーリポートつええー!!とか1人で言いながら過ごせました。

ふるふる
ふるふる

アニメの長さは、電車旅行に丁度いいんですよね。

また僕は読書が好きなので、アニメを見疲れたら読書してましたが、嵩張るのでKindleアプリで読むのを推奨します。

普通のアマプラ(月額500円)に入るだけで『Prime reading』で1,000冊以上読み放題なので、これで問題なしですね。

割とベストセラーの本もあったりするので、かなり重宝してます。

>> アマプラで読み放題の本をチェック

首が弱い方は、注意です

何でもいいですが、首枕は持ってて損はないかもです。

JRもですが、夜行バスがきつすぎるので、、。

参考記事

スポンサーリンク

【大阪発~東北旅行】日ごとの出来事を詳しく紹介【それぞれ記事にしてます】

日本三景の松島

1日ごとのルートや、寄った場所などを詳しく紹介します。

【0日目】夜行バスで大阪から東京へ

これはもう、移動のみなので記事なし。

交通費は5,000円でした。

週末だったので、少し高くつきましたね。本来なら2,500円とかで大阪⇄東京間は行き来できるので。

夜行バスなら、下記サイトがおすすめです。

▼夜行バスサイト

・【最安値比較】バスブックマーク

バス比較ナビ

【1日目】東京→日光(栃木)・宇都宮→仙台

JR仙台駅

■1日目ルートと内容

8:40:東京駅からJR乗車(駅内で朝マック)

10:30:宇都宮駅着

↓ (友人に車出してもらう)

11:30:日光東照宮観光

14:10:宇都宮に帰り、駅で昼食(みんみん)

15:00:宇都宮でJR乗車

白河、福島など通過:ここあたりが暇すぎる

20:00頃:仙台駅

善治郎で牛タンを食べ、快活クラブで就寝

==

JR乗車時間:約6時間半

==

実際の交通費:6,360円

浮いた額:3,860円

日光と仙台がメインだった一日目。

栃木名物の餃子や、仙台名物の牛タンも食べれて大満足です。

詳細は、下記記事にてまとめています。

>> 記事はこちら

【2日目】仙台→松島→猊鼻渓(岩手)→福島

松島の写真

■2日目ルートと内容

7:00:仙台の快活クラブから出発

8:00:松島海岸駅にて、松島観光

カレーパンや牡蠣バーガー食べたり・・

12:00:松島駅出発

14:40:猊鼻渓で舟下り(90分ほど)

19:30:仙台でずんだと牛タン食す

22:50:福島のホテルで就寝

==

JR乗車時間:約7時間

==

実際の交通費:5,430円

浮いた額:2,930円

今回の旅のメインイベント、松島観光(宮城)と猊鼻渓(岩手)の舟下りを1日に凝縮しました。

回るところが多くハードな1日でしたが、充実度がすごい。

松島良き、舟下り良き、牛タン良き、ずんだ良き。

個人的に、このルートは結構当たりだと思います。

なお詳細は、下記記事にてまとめています。

>> 記事はこちら

【3日目】福島→足利(栃木)→東京→大阪

JR足利駅の写真

■3日目ルートと内容

8:00:福島駅のホテル発

13:00:足利駅(栃木)着

友人と足利観光

16:00頃:足利出発

18:00:東京

友人宅で遊ぶ

24:00:東京から大阪へ夜行バス

==

JR乗車時間:約6時間半

バス乗車時間:8時間

==

実際の交通費:6,060円

浮いた額:3,560円

最終日は、関東の友人と遊んでから大阪へ帰ることに。

栃木の足利で神社巡りと、東京でまったりして最終日を締めました。

なお、この日だけで14時間ぐらい乗り物に乗ってるのは自分でもビビります。

詳細は、下記記事にて。

>> 記事はこちら

スポンサーリンク

【まとめ】思い立ったが吉日です【旅行で最高の気晴らしを】

夜の東京駅

はい、やはり旅行するとストレスがぶっ飛びます。

非日常を味わい、そこでしか得れない経験は最高ですね。

どんなに少ない時間でも、「旅行のために使おう!」というマインドは、ずっと忘れずに持っていきたいものです。

それでは今回の記事はここまで。

少しでも参考になれば幸いです。

青春十八きっぷの東北一人旅の様子(1~3日目)

人気関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました