>> 【MCバトル革命】ABEMAでのMCバトル配信ラッシュまとめ
>> 5と0の日は楽天でお得に商品ゲット>> Amazonのラッパーファッション一覧
スポンサーリンク

【2日目】青春十八きっぷで行く男一人旅【松島~岩手編】

日本三景の松島ライフスタイル

ふらっと青春十八きっぷの1人旅。

この記事では、2日目を紹介します。

1日目に仙台の快活クラブで宿泊し、この日は松島、猊鼻渓(岩手県)を観光し、仙台で晩御飯、福島のホテルで寝ました。

参考記事 青春十八きっぷ旅行1日目、日光東照宮と仙台編

この度のメイン目的だった猊鼻渓と松島を一気に堪能した1日だったので、充実度ヤバかったです。

以下にて、写真付きで紹介していきます。

それでは、レッツゴー。

ふるふる
ふるふる

3日間の全情報は以下記事にまとめています!

▼NEXT DAY(3日目の記録)

スポンサーリンク

【ルートと金額】青春十八きっぷで行く男一人旅【松島~岩手編】

まずざっくり、ルートと金額面については以下の通りです。

ルートと内容

■2日目ルートと内容

7:00:仙台の快活クラブから出発

8:00:松島海岸駅にて、松島観光

カレーパンや牡蠣バーガー食べたり・・

12:00:松島駅出発

14:40:猊鼻渓で舟下り(90分ほど)

19:30:仙台でずんだと牛タン食す

22:50:福島のホテルで就寝

==

JR乗車時間:約7時間

==

実際の交通費:5,430円

浮いた額:2,930

朝に松島観光、夕方に猊鼻渓で舟下り。

そして夜には仙台で牛タンを食べ、福島で就寝と、かなり詰め込んだ1日でした。

ただ、こんくらい回った方が楽しいんだなってことにも気づきました。

交通費と浮いた額

※1日のJR代から、十八きっぷ1日分換算(2,500円)を引いて計算

■2日目

仙台→松島海岸:418円

松島→猊鼻渓:1,690円

猊鼻渓→仙台:1,980円

仙台→福島:1,342円

↓↓↓

計:5,430円

(-2,500円=2,930円お得)

色々回りましたが、そもそものJR代が安いですね。

それでも、3,000円ほどは節約できました。

スポンサーリンク

【写真でゆるく紹介】青春十八きっぷ男一人旅【松島~岩手~福島】

今回も、ゆるく紹介していきます。

仙台から松島海岸へ(AM8:00)

松島海岸駅

仙台を出て、朝イチに松島海岸駅へ。

仙台からは大体40分ほどで着きまして、アクセスもかなり良いです。

これが日本三景!

日本三景の松島

Beautiful!!

まさに絶景でした。

日本三景は広島の厳島(宮島)、京都の天橋立、そしてここ、宮城の松島です。

海の眺めが綺麗すぎて、これはもうぜひ生でみてほしいです。

近くの瑞巌寺も回ってきました

瑞巌寺

周辺には、松島以外にも観光地があります。

そのうちの一つに、ここ瑞巌寺(ずいがんじ)が含まれます。

境内に臥龍梅と呼ばれる梅の木が植えられており、一説によると伊達政宗の手植えだと言われています。

戦極一の美的センスを持っていたと言われる伊達政宗の遺した、風情ある寺院や文化をそれとなく感じれます。

ふるふる
ふるふる

松島には伊達政宗のキーホルダーとかのお土産も沢山ありますよ!

松島周辺には、グルメも盛り沢山

牛タンカレーパン

これは松島をぶらぶらしてた時に見つけた牛タンカレーパン。

仙台の牛タンを食べた後だからか、それほど牛タンっぽさを感じることはなく、ただめちゃくちゃ美味いカレーパンって感じでした。笑

松島さかな市場で牡蠣バーガーを食す

かきバーガー

この辺りでは牡蠣も有名らしく、さかな市場では生牡蠣や焼き牡蠣も沢山売られています。

僕はこの牡蠣バーガーが気になったので、一つ食べてみました。500円。

バーガーで食べるってことが普段ないので、新鮮な気持ちになりましたね\(^^)/

松島駅前のいぶし銀なカフェで休憩(AM11:15)

松島駅のカフェ

ここから岩手に向かう電車の本数が少なかったので、松島駅前の『キャビン』という喫茶店でコーヒーブレイク。

店主のおじいさんは、なんと50年以上もこのお店を経営されているそう。

おじいさんはさることながら、店内もいぶし銀で、古き良きを見事に体現していました。

本格的なコーヒーで渋い味

松島駅のカフェのコーヒー

作り始めてから5分以上は経ってからやっと完成したコーヒー。

店主さんが真剣に作る姿を見て胸がいっぱいになりました。

味ももちろん、深みとコクがあって最高でした。

このお店のために遠方から来られるお客さんもいるそうで、確かにそうしたくなる気持ちもわかりました。

松島に行ってまったり休憩するなら、この喫茶店をお勧めします(^。^)

ついにメインの猊鼻渓(PM2:40到着)

猊鼻渓駅

松島から電車で約2時間半、小牛田、一関などを経由しついに猊鼻渓に到着。

この辺りはもう一面が雪でして、冬の盛りを感じさせます。(当時は12月中旬)

駅に着くと、猊鼻渓の舟下りの案内があらゆるところに書かれているので、迷うことなく船着場に進めます。

(というか、舟下り以外は何もないです)

ここで舟下りします(最終便のPM3時スタート)

猊鼻渓

ここで一つ焦った出来事。

舟の最終便が15時スタートなのですが(夏は16時もあり?)、JRが到着したのが14:52くらいで、一瞬間に合わないかと思って猛ダッシュする羽目に。

結果間に合ったのでよかったのですが、電車は頻繁に遅延するらしいので、余裕を持ってきてた方がいいってことを学びました。

(とは言え、電車の本数自体が少ないのでどうしようもないですが・・)

しかしそんな焦りは、渓流を見たら吹き飛びました。

めちゃくちゃ静かで落ち着ける場所です。

ここで舟下り、超楽しみです。

舟は、こんな感じ

猊鼻渓の舟下りの様子

最大20名くらいは乗れそうな舟に乗り込みます。

僕が行った時は、他に7名ほどお客さんがいまして、大体友人同士かカップル(夫婦)で来ていました。

ちなみに大阪から1人で来てたのは、当然僕1人でした・・笑

中は防寒設備OK

猊鼻渓舟下りの船内

冬はこたつになるそうです。

めっちゃ暖かいわけではないですが、外よりは断然暖くて快適です。

雪景色が絶景すぎた

岩手の猊鼻渓の写真

ここが一番ヤバかった。

綺麗すぎて絶句。息を呑みました。

春夏秋冬どの季節に来ても景色を楽しめるそうですが、どうやら僕は、冬の大当たりの時に来れたみたいです。

舟についてくるカモが可愛い

猊鼻渓で泳ぐ鴨

川下りの最中、カモが横でついてきます。

可愛くてほっこりしました。船頭さんが歴史とかめちゃくちゃ解説してくれてるのに、誰も聞かずにカモに夢中になってしまったました。笑

カモに餌やりもできます

猊鼻渓の鴨の餌

一袋50円で購入可能。

僕は100円玉しかなかったので、せっかくなので2袋買いました。

なおこのエサを持ってると、手ごと食いちぎろうとする勢いで近づいてくるので、できるだけ投げてあげた方がいいですね。

電車待ちの間、コンビニで時間を潰す(PM4:15~PM5:00)

猊鼻渓のファミマ

舟下りは70分ほどで終わり、またしても時間が微妙だったのでファミマのイートインで休憩しました。

外が極寒の中のコンビニはマジで助かります。

コーヒーが沁みました。

仙台へ帰還、またも牛タン(PM7:20)

仙台で食べた牛タン

仙台に着いた頃にはもう19時半ごろ。

この旅、マジで大半は電車の移動時間です。笑

それもまた一興として、2度目の仙台、またしても牛タンを食べました。

1日目に食べたものより少な目のものを頼みましたが、この量でも十分満足です。

食後のデザートにはずんだパフェ

仙台でたべたずんだ

仙台駅内には、ずんだのお店が沢山あります。

このずんだパフェは、枝豆をすりつぶしてアイスにかけて食べたような味です。

豆が好きな人には絶品だと思います(^^)

福島駅のホテルへチェックイン(PM10:50)

福島駅で泊まったホテル

そして電車で更に2時間ほど、今日は福島のホテルを取りました。

流石に二日目も快活クラブじゃやべえだろって思ったので。。笑

福島駅の目の前に見えるホテルでして、アクセス抜群の好立地。

二日間の旅の疲れを、ベッドで癒します。

激安の居酒屋で飲んで就寝

福島駅前の新時代居酒屋

ホテルの地下に、最強キャンペーン中の居酒屋がありました。

夜の1時くらいまで営業してたので、ちょっと飲みたかった気持ちを抑えられず、1人で5杯くらい飲んでから寝ました。

しかしちょっとで終わるつもりが、唐揚げが美味すぎて結局3,000円くらいの会計に。笑

飲んだくれは夜中でも1人で飲み食いしちゃう悪い癖があります。反省します(^◇^;)

ふるふる
ふるふる

これにて2日目終了〜!いい1日でした!

スポンサーリンク

【2日目総評】充実度MAXすぎる、猊鼻渓良すぎ

この旅のメイン目的だった猊鼻渓と松島をぎゅっと詰め込み、スーパーエキサイティングな1日になりました。

生で見た景色は、もう写真の700倍くらいは絶景。

これほど誰かを連れてきたいと思ったことはありませんでした。1人だと少し惜しい〜。

まあそんなこんなで、ついにこの旅行も次の日で最終日。

3日目は、栃木の足利と東京で友達と遊び、大阪へ帰還します。

ぜひチェックしてみてください。

NEXT 【3日目】足利学校と織姫神社を観光、そして大阪へ

なお1日目の記事は以下でして、見逃してる方は先にこちらも見ていきましょう〜!

▼2泊3日の青春十八きっぷ東北旅行まとめ

▼関連人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました