>> 【無料】映画見放題サービス11社を徹底紹介

【毎日がお祭り?】石垣島のリゾートバイト体験談をガチで語る

石垣島リゾバの体験談ライフスタイル

石垣島でのリゾバ生活。

本記事で、体験談を全て語ります。

本記事の内容

  • 石垣島リゾバの体験談
  • 石垣島リゾバのおすすめポイント
  • 石垣島リゾバの注意点・デメリット
  • 石垣島リゾバに向いている人・向いていない人
  • 石垣島リゾバで求人のある職種
  • 石垣島で休日に遊べる観光地
  • 石垣島の求人が豊富な派遣会社

筆者について

ふるふる
ふるふる

2022年の4月から7月、石垣島でリゾートバイトをしていました。

大概の遊びは経験できたと思っています。

結論、石垣島のリゾバはパラダイスです。

美男美女ばかりだし、毎晩お祭りでどんちゃん騒ぎ♪(リアルに遊んでばっかり)

が、楽しいことばかりではなく…強烈な注意点も。

知らずに行くと、150%くらいの確率で「ミスった。。」と思います。

そこで本記事では、石垣島リゾバのガチ体験談を紹介していきます。

記事後半に、知らないと痛い目に遭う注意点も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

この時に使った派遣会社

リゾートバイトダイブ:LINEで個別相談可。サポートの質がダントツ。時給も1分単位。

【実際の体験談】石垣島でのリゾバ経験を語る【勤務地・条件・休日の過ごし方など】

石垣島の玉取崎展望台の写真

まずは、僕自身の体験談を紹介します。

以下に、ざっくり仕事内容などまとめました。

  • 勤務地:石垣島の民謡居酒屋
  • 職種:ホール・キッチン
  • 時給:950円
  • 月収:18万円ほど
  • 勤務日数:月26回
  • 勤務期間:3ヶ月弱(2022年4月~7月)
  • 休日:月4回(週1回)
  • 寮形態:3人でシェアハウス
  • 寮費:無料
  • 派遣会社:リゾートバイトダイブ

以下にて、いくつか深掘りして紹介します。

体験談①:3人のシェアハウス(寮費は無料)

シェアハウスの家

全員派遣社員で、同じ職場の同僚とのシェアハウス。

部屋は結構広く、3LDKを3人でシェアしていました。

写真の部屋プラス、一人一人個室がある感じです。

みんな20代前半で歳も近く、仲良く過ごせました。

これは本当に運が良かったと思ってます。笑

あと、社員の同僚以外は入室禁止でしたが、他の友達が来てもバレません。笑

(大きい声では言えませんが・・)

ふるふる
ふるふる

シェハウス、常に話し相手がいるので退屈しませんよ〜!

体験談②:仕事は民謡居酒屋

仕事は週6で、時間はいつも16時~23時。

ホール・キッチンなど幅広くやってました。

また三線ライブのある店だったので、「イーヤーサーサー」などのお囃子はやしや手拍子などで盛り上げる役もやります。

基本は楽しかったのですが、唯一の欠点としては、週6で仕事なのがきつかったですね。笑

石垣の飲食店は、スタッフが足りてないとブラック気味になるので、事前にスタッフに確認しておきましょう〜!

体験談③:荷物事情

僕が持って行ったものは、以下の通り。

※4~7月だったので夏用です。

石垣島リゾバでの荷物
  • 着替え4着ほど
  • 軽く羽織れるもの
  • キャップ
  • サングラス
  • 水着
  • ポケットWi-Fi←寮にWi-Fiがなかったので
  • バスタオル
  • 筆記用具
  • 充電器
  • タコ足
  • MacBook
  • 水筒

なお、現地で「島ぞうり」を購入し、毎日履いていました。

石垣島は結構栄えているので、仮に何か忘れたとしても、現地でほぼ調達できますよ。

現地で買ったSPAM島ぞうり

SPAM島ぞうり

1,100円。安い。

めちゃくちゃ愛用してました。

ふるふる
ふるふる

お土産ショップで売ってます!気に入りすぎて2足買いました笑

体験談④:毎晩の飲み会

これは沖縄あるある。

皆やたらと飲みます。

おそらく、飲まずに寝た日は数えるほどしかありません。。笑

これがまた楽しいんですよね〜。仕事の疲れとか全て吹き飛ばしてくれます。

ふるふる
ふるふる

飲み過ぎだろ!と思いますが、良い思い出です。

沖縄の名物「泡盛」や、ハブ酒、JJといったお酒を沢山飲みました。

体験談⑤:食事事情

基本は自炊。

ただ晩御飯は賄いをもらえたので、朝昼のみでした。

また週に1回くらいは、同僚とランチを食べに行ったり、前日の賄いを昼ご飯にしてたりしました。

(夜の仕事後に飲みに行ってたので。笑)

ふるふる
ふるふる

賄いがあると、食費が少し浮きますね!(その分飲み会に使うのが石垣)

体験談⑥:休日は離島巡りなど

小浜島の景色

写真は小浜島に行った時のもの。

石垣島は「離島巡り」の中心地で、観光客にとても人気のツアーです。

下記が石垣島から行ける離島で、休みの日はがっつり観光できます。

石垣島から行ける離島
  • 竹富島:一番近い離島。水牛車観光が有名。
  • 小浜島:景色がめちゃくちゃ良い。
  • 黒島:人より牛の方が多い島。
  • 鳩間島:人口50名ほどの小さい島。
  • 西表島:世界遺産に認定。島の9割がジャングル。
  • 波照間島:日本最南端の有人島。海が綺麗すぎる。
  • 新城島:島民以外は入島禁止。ツアーを組まないと入れない。
  • 浜島:干潮時のみ現れる「幻の島」。こちらもツアーのみ。
  • 与那国島:日本最西端の島。フェリーは超時間かかるので飛行機がおすすめ。
ふるふる
ふるふる

僕は小浜島が好きですね!自然も景色も綺麗すぎる!

体験談⑦:海でまったり遊んでから出勤

マエサトビーチ

夕方からの仕事だったので、朝昼はフリー。

海でシュノーケリングしてから仕事に行ったりもしました。

これぞ南国ライフ♪

ビーチで逆立ち腕立て

マエサトビーチで逆立ち腕立て

逆立ち腕立てにハマり、ビーチでやってきました。

モテると思ったのですが、そもそも誰も見向きもしませんでした。(チーン)

ふるふる
ふるふる

すみません。。ここは飛ばしてください。笑

石垣島のリゾバのおすすめポイント【体験談より力説】

石垣島の玉取崎展望台の写真

下記の通りです。

石垣島のリゾバをおすすめしたい理由
  • 他じゃできない体験ができる(お金以上)
  • 沖縄特有の料理を楽しめる!
  • 毎晩どんちゃん騒ぎで楽しすぎる
  • 意外と都会なので物資調達に困らない
  • 周りの人たちが全員開放的でフレンドリー

順に解説します。

ポイント①:他じゃできない体験ができる(お金以上)

ざっと挙げるだけで、下記のような体験ができます。

石垣島の楽しみ
  • ダイビング・シュノーケリング
  • 離島巡り(八重山諸島)
  • 沖縄の郷土料理を食べる
  • がっつり日焼けする
  • 三線ライブを楽しむ

どれも南国でしかできないこと。

特に離島巡りは、石垣島特有の体験です。

人生の夏休みを過ごしている気分になれるので、まったりライフを過ごしたい方にはこの上ないロケーションでしょう。

ポイント②:沖縄特有の料理を楽しめる!

ロコモコ丼
ロコモコ丼

郷土料理、珍しいし美味しいですよ〜!

本州では聞いたこともない料理ばかりでした。

以下に、石垣島で食べれる郷土料理をいくつかまとめてみました。

石垣島で食べれる郷土料理
  • ゴーヤチャンプルー
  • ソーキそば
  • ジーマミー豆腐(ピーナッツ豆腐)
  • ブルーシールアイス
  • ラフテー(豚の角煮)
  • テビチ(豚足)
  • ヒラヤーチ(チヂミ)
  • 海ぶどう
  • 島らっきょう
  • アダンの実(悪魔の実のモデルになったもの)
  • 石垣の塩←ミネラルが豊富

やはり、現地で食べる郷土料理は格別。

これは、ぜひ実際に味わってみてください(^-^)

ポイント③:毎晩どんちゃん騒ぎで楽しすぎる

とにかく飲み屋が多い!

「働いて酒飲んで遊んで寝る」のワードが最も似合う街と言っても、過言ではないでしょう。

時間を忘れて飲み歩く生活は、都会で感じていたストレスを全て吹き飛ばしてくれました。

ふるふる
ふるふる

お酒好きに限りますが、、僕はお酒好きなので超楽しめました。笑

ポイント④:意外と都会なので物資調達に困らない

石垣島、予想の5倍くらいは栄えています。普通にビビりました。

参考までに、島内には下記のお店があります。

石垣島にある店舗
  • ドンキホーテ
  • ファミリーマート多数
  • マックスバリュー
  • DAISO
  • ホームセンター(Kmaxなど)
  • マクドナルド
  • ケンタッキー

まずドンキホーテがある時点で神すぎるんですよね…。笑

ファミマの数も多いので、物資や食材調達には何も困りません。

ふるふる
ふるふる

買い出し行くとこあるかな…て心配は無用!

住む場所によります。浜崎町、美崎町、登野城あたりは栄えてるので当たりです。事前にチェックしておきましょう。

ポイント⑤:周りの人たちが全員開放的でフレンドリー

島民はおろか、移住者もフレンドリーなのが離島のいいところ。

やはり腐っても南国。都会の喧騒を微塵も感じさせないまったり感です。

このゆるーい感じが好きになり、島に移住する方も多いそう。

(現に、お店の人とかは移住者やリゾバが多かったりします)

ふるふる
ふるふる

やっぱりあの離島の空気感は、離島じゃないと出せないんですよね〜。

【知らないと危険】石垣島リゾバの注意点【デメリット】

竹富島の西桟橋の写真

これは行く前に知っておいた方がいい事実。

注意点は、以下の通りです。

石垣島リゾバのデメリット
  • 給料が激安
  • 家に虫が出まくる
  • 紫外線が強すぎて肌に大ダメージを食らう(夏は特に)
  • 車がないと割と不便
  • 寮にWi-Fiがない

順に解説します。

※石垣島に限らず、リゾバ自体の注意点は以下記事にてまとめています。

注意点①:給料が激安

まず第一。

お金は全く貯まりません!

それもそのはず、沖縄は最低賃金ランキングが全国最下位(820円)で、求人も900円台のものがほとんどなので。

しかも何より、誘惑が多すぎるんですよね。

飲み屋も多いし、ダイビングや離島巡りなどのアクティビティにもお金がかかります。

なので石垣に行く方は、貯金は一旦考えず、楽しむことに重きを置いて行ってください!!

ふるふる
ふるふる

その分、石垣でしかできない体験をめちゃくちゃ楽しめますよ!

注意点②:家に虫が出まくる(夏は特に)

虫嫌いの人は発狂モン。

南国なので、とにかく虫が多い!(夏はマジで)

実際、僕が住んでいた寮にもGやクモ、ヤモリが毎日出ました。

街中でもGがわんさか歩いているので、本当に苦手な人はいつも発狂して逃げてました。笑

苦手な方は覚悟していくか、寮環境にはこだわった方が良いでしょう。

ふるふる
ふるふる

寮環境は、事前に派遣会社のスタッフさんに聞くのが良いですね!

注意点③:紫外線が強すぎて肌に大ダメージを食らう(夏は特に)

地図を見てほしいのですが、本島よりも台湾の方が近いです。緯度が台湾!

つまり、紫外線レベルがもう外国。日本じゃありません。

ちなみにこれ、感覚的にヤバいのは分かると思いますが、「UVインデックス」という世界共通の紫外線量の指標でも、沖縄は本州より1.5倍以上高いという気象庁のデータがあります。

実際、僕は日焼け止めを塗らずに一日外で遊んだところ、肌がトマトのように赤くなり、後日全て脱皮しました。笑

ふるふる
ふるふる

皮が剥ける過程は気持ち悪いですよ。。

もうこれだけは本当に、日焼け止めは必須です。。事前に買っててくださいね。。

なお紫外線の強さは、他サイトですが下記記事が参考になるかと。

沖縄の紫外線の強さは?月ごとや時間帯によって対策しよう!
沖縄の紫外線は、突き刺さるような日差しなので、とても強いという印象がありますよね。東京と比べてどのくらいの差があるのか、また、月ごとや時間帯によっても変わるのか、その理由や対策についても詳しくまとめました。沖縄の紫外線のことについて参考にしてください。

注意点④:車がないと割と不便

石垣島には電車がありません。

なので島の反対側に行きたくても、車がないと辿り着けないんですよね。

一応、島内周遊バスがありますが、スケジュール管理が面倒なのがネック。

対策としては、レンタカーやレンタサイクルで借りるか、島内で車を持っている知り合いを作る、になります。

職場の人と仲良くなって、車を出してもらうのが一番の手ですね。

ふるふる
ふるふる

僕は地元の人と仲良くなれて、車で色んなところに連れて行ってもらえました!

注意点⑤:寮にWi-Fiがない

沖縄の求人は、Wi-Fi付きの寮があまりないです。

なので、自分でポケットWiFiを持っていくか、スマホをデータ無制限プランなどで契約する必要があります。

普段YouTubeやVODで映画を観たりする人は、事前準備が必須ですね。

ふるふる
ふるふる

僕は「GMOとくとくBB」というポケットWi-Fiを使っていました!

ポケットWi-Fiの比較サイトでも大抵1位を取っており、安いし良いかな〜と思って即決しました。笑

>> 【公式】GMOとくとくBBを見てみる

【どんな人におすすめ?】石垣島でのリゾバ体験談を踏まえて【逆に向いていない人も】

石垣島のリゾバがおすすめな人
  • アクティブな方
  • 飲み会が好きな方
  • 初めての体験をしたい方
  • 海が好きな方
  • 沖縄民謡に触れたい方

とにかく、石垣でしかできない体験ができちゃいます。

新しい経験をしたい、アクティブな方にはこの上ないロケーションです。

逆にやめてた方がいい人

やめてた方がいい人
  • 稼ぎたい人
  • 飲み会が嫌いな人
  • インドア派の人

特に1つ目、稼ぎたい人は、本州の時給の高い求人に行った方がいいですね。

マジでお金貯まらないので。。笑

石垣島(その他離島)で求人のある職種

石垣島で求人のある職種
  • レストラン:時給1,000円前後
  • 民謡居酒屋:時給900円前後
  • ツアーガイド:時給800~900円
  • 清掃:時給1,000円前後
  • フロント・事務:時給1,000円前後
  • キャバクラ:時給1,500円~3,000円

レストラン、居酒屋が多め。

ツアーガイドは楽しいけど時給が低い印象です。

ふるふる
ふるふる

僕は民謡居酒屋で働いていました!

ちなみに石垣島のキャバクラは、基本リゾバのスタッフで成り立っているそうです。

住んでみると、大半が移住者ってことに気づきます…!

なお下記が、石垣島の求人が多い派遣会社になります。

石垣島の求人がある派遣会社

ポイントは、いくつか見比べること。

同じ求人でも、派遣会社によって時給が違うケースもあるので、最低でも3つは見ておきましょう。

登録は無料なので、とりあえずボンヤリ見比べるのを推奨します。

ふるふる
ふるふる

僕はダイブを使ってました!時給も1分刻み、担当スタッフも優しいので個人的には気に入ってます。

【観光地】石垣島で休日に遊べる場所

平久保崎灯台の写真
平久保崎灯台の写真

沢山ありますが、いくつかピックアップしました。

石垣島内の観光地
  • 川平湾
  • マエサトビーチ
  • 御神崎
  • 平久保崎灯台(最北端)
  • やいま村←リスザルという小っちゃい猿に会える
  • 石垣島鍾乳洞
  • 美崎町で飲み歩き
ふるふる
ふるふる

晴れの日は昼間に街や海でブラブラ、夜は飲みってイメージですね!

やいま村にいるリスザル

やいま村にいるリスザル

超可愛かった。。

これもぜひ生で見てほしいです\(^^)/

石垣島から行けるオススメ離島
  • 竹富島:一番近く、離島ならとりあえずココ
  • 小浜島:島全体の景色が良い。原付旅が楽しい
  • 黒島:人より牛の方が多い。何気に観光スポットも豊富
  • 西表島:THE・ジャングル。世界遺産のマングローブは圧巻
  • 波照間島:はてるまブルーに感動すること間違いなし。ただフェリーが地獄
ふるふる
ふるふる

それぞれ特色があるので、全部行ってみてほしい…!

紹介の通り、遊びどころ満載なのが石垣島の良いところです!

石垣島のリゾバ求人が豊富な派遣会社

先ほど紹介しましたが、一応もう一度。

石垣島の求人が豊富な派遣会社

とりあえず、上記の中から3つほど見比べるのが良いでしょう。

サービスごとに違う求人があったりします。

先ほども言いましたが、最初から一個だけに絞るのはやめましょう。同じ求人なのに時給が違ったりするからです。

登録はどこも無料なので、サクッと登録だけして求人を眺めてみましょう。

ふるふる
ふるふる

利用者が多いのはヒューマニックさんのリゾバ.com、スタッフさんと連携を取りやすいのはダイブですね!

【まとめ】石垣島でのリゾバの体験談

ハイビスカスの写真

本記事では、石垣島でのリゾートバイトの体験談を紹介しました。

再度、おすすめな人を紹介します。

石垣島のリゾバが向いている人
  • アクティブな方
  • 飲み会が好きな方
  • 初めての体験をしたい方
  • 海が好きな方
  • 沖縄民謡に触れたい方

まったり南国ライフを味わえる石垣島。

都会の喧騒から離れ、リフレッシュしたい方には最適です。

「いきなり行くのはキツいな…」て方は、まずは求人だけでも眺めてみましょう。

あなたにぴったりなお仕事が、見つかるかもしれませんよ。

石垣島の求人が豊富な派遣会社

それでは、今回の記事はここまで。

少しでも参考になれば幸いです\(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました