>> 【無料】映画見放題サービス11社を徹底紹介
スポンサーリンク

【故障してもOK】BeatsXを修理に出したら3日で返ってきた話【申し込み手順を解説】

beatsXの修理後レビュー

BeatsX(ビーツエックス)が故障したんだけど、保証期間なら交換できるの?手順がよくわからんし、簡単にできる方法知りたいな。

こんな悩みを解決します。

結論、この記事を読めば3分で手順がわかります。

実際、僕は壊れたBeatsXを修理に出し、3日で新品が返ってきました。

なんとも迅速な対応。さすがAppleですね。

てことでこの記事では、BeatsXが故障した時の修理・交換申し込み手順を解説していきます。

保証期間は購入後1年間で、それ以降は修理・交換はできません。あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

【体験談】BeatsXは故障したらどうなる?【突然の出来事でした・・・】

BeatsX

僕のものだと、電源をオンにしてから僅か10秒で、勝手に電源が切れるようになりました。

当初は「なんだ、調子悪いのかな。」と軽く考えてましたが、何度電源を入れても勝手に切れる。おいおいなんだこれは、、と思いながら、ふと確信しました。

「故障だこりゃ。」

と、あまりにも突然の出来事だったので、原因もわからず焦りました。

他にも故障の内容は、以下のようなものがあります。

  • そもそも電源が入らない
  • 音が聞こえない
  • 雑音が聞こえる

上記のような現象がずっと続くようであれば、あなたのBeatsXも故障かもしれません。

スポンサーリンク

【修理・交換手順】BeatsXが故障した時の手続きを解説【結論:電話すれば早い】

サルがバナナを持っているところ

手続きは、以下の通りです。

  • ①:製品のシリアルナンバーを確認(箱、本体に書いてます)
  • ②:Appleのサポートセンターに電話orチャットで問い合わせ
  • ③:家にヤマトが来たら本体を渡す
  • ④:後日、また家に届く

僕の場合、これがなんと3日以内に完結しました。

順に解説していきます。

手順①:製品のシリアルナンバーを確認(箱・本体に書いてます)

beatsX本体

このように、S/Nと書いてあるところがシリアルナンバーです。

本体だと電源部分の近く、箱だと底面に書いてあります。

この番号は修理の手続きの際に必須なので、しっかりメモしておきましょう。

手順②:Appleのサポートセンターに電話orチャットで問い合わせ

ぶっちゃけ、電話の方が楽ですね。

故障を伝え、向こうの質問に答えるだけで、5分未満で完了します。

僕を担当していただいた方は、シリアルナンバーを伝えた際、「Aは、appleのAでお間違いないですか?」と念入りに確認してくれたので、円滑に進めることができました。

なお、サポートセンターは「0120-993-993」で繋がり、平日なら午前9:00∼午後9:00、土日祝は午前9:00~午後6:00の間なら対応してもらえます。

詳細はApple公式サイトを参考にしてみてください。

>> 【公式】Appleの連絡先

またチャットではAppleサポートにて問い合わせれます。

保証期間内であれば、基本的に修理・交換は可能です。

この際、準備しておいた方が良い情報は以下の通り。

  • 氏名フルネーム
  • 電話番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 製品のシリアルナンバー
  • 回収希望日時

上記があれば、基本的にOKです。要は身元が分かればいいので、そこまで心配する必要はないです。

手順③:家にヤマトが来たら本体を渡す

問い合わせた時の「回収希望時間帯」に、ヤマトの方が製品を引き取りにきてくれます。

この際、送料は全く必要なく、製品のみを手渡しするだけで終了します。

この工程は、なんと20秒ほど。

「本当に大丈夫なのか・・?」と心配になりますが、『製品の修理を開始します』とのメールが後で届くので安心できます。

手順④:家にまた届く(新品でした)

beatsXの修理後

なんと渡した次の日、もう家に届きました。しかもピッカピカの新品です。

注文した日を合わせても、僅か3日!!対応の早さが尋常じゃないですね。

(※土日祝を挟むと、もっと遅くなるかもです。)

イヤーピースも新品でくれた!!

イヤーピース

これが何気に嬉しいんですよね。

新品、かつ3セットもくれちゃいました。神だ。

スポンサーリンク

まとめ:BeatsXが壊れたら、とりあえず電話せよ

結論ですが、壊れたか疑わしい場合でも、電話してみましょう。

保証期間内であれば何かと対応してくれますし、かなりスムーズです。

イヤホンは毎日使うものなので、早めに交換してもらいましょう!

それでは今回の記事はここまで。

改めて、BeatsXの魅力を語った記事はこちらから。

もう一度オトモの良さを共有しましょう。

ふるふる
ふるふる

僕の使ってるBeatsXはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました