>> 【無料】映画見放題サービス11社を徹底紹介
スポンサーリンク

【知らないと危険】リゾバの注意点・デメリットとその対策【失敗を防ぐ必須知識】

リゾバのデメリットライフスタイル
悩むうさぎ
悩むうさぎ

短期的に稼げるリゾバだけど、デメリットとか注意点とかないの?

みんな良い面ばかり紹介してるけど悪い面も事前に知りたいんだよね。

こんな疑問に答えます。

リゾバは稼げる上に楽しい経験ができます。

が、注意点やデメリットがあるのも事実。これを知らずに応募すると、せっかくのリゾバが台無しになることも。

そこで本記事では、「リゾートバイトの注意点・デメリット」「失敗しないための対策」を紹介していきます。

特にコロナ禍では、以前よりイレギュラーなので、しっかり事前に学んで対策しましょう。

本記事の内容

  • リゾートバイトの注意点・デメリットを紹介
  • 失敗しないための対策
  • 結論、事前準備次第でリゾバは楽しめる

筆者について

ふるふる
ふるふる
  • 新卒入社した企業を10ヶ月で退職後、リゾバ開始
  • 1クール2ヶ月間のリゾバを繰り返し、年中生計を立てていました
スポンサーリンク

リゾートバイトの注意点・デメリット【始める前に知っておこう】

デメリット

紹介前に言っておきますが、これからするのは可能性の話です。

職場によって異なるので、「こういう場合もある」と言う例として念頭に置いてもらえると嬉しいです。

それを踏まえ、リゾートバイトのデメリットとして以下が挙げられます。

  • ①:シフトの融通が効かない
  • ②:寮が住みにくい(Wi-Fiがない等)
  • ③:寮環境が途中で変わる
  • ④:シフトが削られる
  • ⑤:コロナ禍でやりたい体験ができない
  • ⑥:人間関係が悪いと地獄
  • ⑦:思ってたより稼げない
  • ⑧:周辺に何もない

順番に解説していきます。

デメリット①:シフトの融通が効かない

ここが一番の注意点。

通常のバイトと違い、リゾバではほぼ毎日働く前提です。

「この日とこの日だけ働きたい」などは基本NGだと思っておいた方がいいです。

とは言え、数日であれば希望休を貰えるので、そこは安心してください。

ふるふる
ふるふる

シフトが出る前に伝えておきましょうね!

デメリット②:寮が住みにくい(Wi-Fiがない等)

寮の写真

「思ってたのと違うぞ…。汗」はよくあるギャップ。

上画像はニセコでのリゾバ時に住んでいた寮ですが、思ったより狭いし囚人寮かと思いました。笑

もちろん場所によりけりですが、下記は事前に注意しておきましょう。

寮の注意点
  • Wi-Fiがあるか
  • 虫が出るかどうか(夏は特に)
  • 個室かどうか
  • 部屋に冷蔵庫があるかどうか
  • トイレや風呂は共用なのか
ふるふる
ふるふる

しっかり求人票をチェックしよう!

デメリット③:寮環境が途中で変わる

特例ですが、急に寮の部屋が変わったりすることも。

僕は経験したことがないですが、「個室だったのに途中で相部屋に変わった」と言う話も聞いたことがあります。

(これは特例とは言え、かなりキツイですよね…。)

他には、「相部屋の同僚がコロナになって部屋変更」とかですね。

これは直近ではありがちなパターンです。

どうしようもないですが、可能性として認識しておきましょう。

なおこれらが実際にあると困るので、対策リストで後述する「わからないことは全てスタッフに確認する」は、隅々まで実行しておくことを推奨します。

デメリット④:シフトが削られる

コロナ禍ではよくあるパターン。

レストランなどは特に打撃を受けやすく、予約状況によって突然シフトが削られることもしばしば。

実際、僕がニセコでレストランをしていた際、1日3時間しか働かない日もありました。

これを踏まえると、稼ぐ目的でリゾバする方はフロントや中居が良いでしょう。

とりわけシフトの変動は少ない職種なので。

ふるふる
ふるふる

スタッフさんに事前に聞いておくと良いかもです!

フロントや中居でおすすめの派遣会社

デメリット⑤:コロナ禍でやりたい体験ができない

近くのお店が閉まっているケース。

時期的に仕方のないことですが、まあまあショックです。

実際、僕がニセコでリゾバしていた2022年の2~3月は、ちょうどコロナのまん防と被り、飲み屋がほとんど閉まってました。。

経験をメインにしたい方は、周辺のスポットの稼働状況は事前にチェックしておきましょう。

デメリット⑥:人間関係が悪いと地獄

ぶっちゃけ人間関係は一番生活に影響が出ます。

「職場の上司がうざい」「相部屋の同僚と気が合わない」といったパターンはマジで地獄。

運次第ではあるものの、これは「延長率の高さ」を事前にチェックして防ぎましょう。

延長率が高いところは、人間関係が良いケースがほとんどなので。

求人票に書いてあることもありますが、気になる場合はスタッフさんに確認した方がいいですね。

相談しやすい派遣会社

デメリット⑦:思ってたより稼げない

求人票の「予想月収」をアテにするのはNG。

あれは「最大出勤日数・勤務時間」から想定値を算出されているから。

結構働いたと思ったのに、蓋を開けてみれば全然給料がなかった、なんてこともザラにあります。

稼ぐ目的でリゾバする方は、ギャップで苦しまないよう事前に認識しておきましょう。

もちろん予想以上に稼げるケースもあるので、あくまで期待しすぎないように心がけるのがベストです。

タイムカードの刻み方にも注意

15分刻みだと、損するケース大です。

10分前出勤とかザラにあるので、もし週5で働くと、1週間に1時間近くの差が空いてしまいます。

これ結構チリツモですよ…。1日10分長く働くだけで、1ヶ月もすると5,000円ほど損します。馬鹿になりませんね。

(10分×25日出勤=250分=4時間10分=5,000円損する ※時給1,200円の場合)

なおタイムカードが1分刻みなのは、リゾートバイトダイブです。

おそらく人気トップのリゾバ.comでも、時給15分刻みなので、、。

これサイトでは公にされていないので、要注意ポイントです。

ふるふる
ふるふる

同じ勤務日数でもかなりの差が開きますよ!

働いた分お金になる派遣会社

リゾートバイトダイブ:サポートも手厚くLINE相談もできる。

デメリット⑧:周辺に何もない

これもリゾバあるある。

スーパーはおろか、コンビニがない場所もあります。

休みの日は暇ですし、買い物ができなければご飯も買えません。

これはシンプルに死活問題なので、寮の場所や周辺環境は事前にチェックしておきましょう。

ふるふる
ふるふる

寮の場所を聞いて、事前に地図で周りをリサーチするのが良いよ!

なお周辺に遊ぶ場所がなくて暇そうであれば、Amazon PrimeNetflixで時間を潰すのが良いですね。

僕はどっちも登録しており、仕事後はアニメを見まくってました。笑

スポンサーリンク

【注意点を踏まえて】リゾバで失敗しないための対策

対策

事前に取れる対策は、下記の通りです。

  • ①:目的を明確にする
  • ②:そもそも良い派遣会社に登録する
  • ③:求人票の詳細までしっかりチェックする
  • ④:わからないことは全てスタッフに確認する
  • ⑤:住環境にはこだわっておく

順に解説しますね。

対策①:目的を明確にする

目的が明確でないと、開始後に後悔することも。

「がっつり稼ぎたい」「お金より楽しい経験がしたい」など、初めに自分の求めるものを考えましょう。

ざっと、リゾバの目的の参考になりそうなものは以下です。

リゾバの目的例
  • お金をがっつり稼ぐ
  • その土地でしかできない体験を楽しむ
  • 新しい出会いを探しに行く
  • 語学を学びたい

目的を考える際に参考にしてみましょう。

ふるふる
ふるふる

僕は、シーズンによって経験重視or稼ぐで目的を変えています!

対策②:そもそも良い派遣会社に登録する

派遣会社は沢山ありますが、ぶっちゃけ一度に利用するのは一社のみ。

なので、最初から良い派遣会社に絞って登録することを推奨します。

いちいち全部登録すると、かえって選びづらくなるので。

なお、いい派遣会社の条件は以下の通り。

いい派遣会社の条件
  • 時給が高い
  • 求人数が多い
  • サポートが手厚い
  • 求人票がわかりやすい

これを踏まえ、とりあえずで登録して失敗のない派遣会社は下記です。

ハズレのない派遣会社
ふるふる
ふるふる

一番人気なのはリゾバ.comですが、個人的にはダイブがイチオシです。

LINEで個別相談もでき、親身な対応、また時給も1分刻みなので。

関連記事 リゾートバイトダイブのリアルな体験談を紹介

対策③:求人票の詳細までしっかりチェックする

行った後に「知らなかった」では後悔のもと。

載っているものは、全てチェックした上で応募しましょう。

特に注意して見たほうが良いのは下記です。

確認必須項目
  • Wi-Fiがあるかどうか
  • 寮の部屋形態(個室かどうか)
  • ご飯が出るかどうか
  • 周辺にコンビニやスーパーがあるか
  • 職場までの距離&送迎があるか

特に最後、「職場までの距離&送迎があるか」は見逃されがちですが要注意。

車がないと遠すぎて通勤できないケースがたまにあるので、現地で足を作らないと大変なことになります。

(まあ、これは流石にスタッフさんに伝えてもらえるはずですが・・)

対策④:わからないことは全てスタッフに確認する

求人票にないものは、全てスタッフに聞くのが一番。

分からないままで放置すると、開始後にギャップに苦しむので。

例えば、「Wi-Fiはあるか」「寮には団欒スペースがあるか」「寮でご飯が出るか」など、ふとした疑問でも全てハッキリさせてた方がいいです。

なお、聞いておいた方が後々助かることは下記です。

聞いた方が良い項目
  • 延長率の高さ
  • 食事手当は出るか
  • 寮の近くに遊べる場所はあるか
  • 他に何名くらい派遣社員がいるか
  • スタッフの年齢層

特に「延長率の高さ」は、人間関係の良し悪しを判断する良い指標。

行ってから「上司がうざすぎる」などで苦しむのをある程度防げるので、不安な方は絶対に聞いておきましょうね。

ちなみに、相談しやすい派遣会社はダントツでリゾートバイトダイブですね。

過去2回利用しましたが、まずLINEでスタッフさんと個別やりとりができるのが強すぎる。あと各担当者さんの親身な対応は神レベルでした。

ふるふる
ふるふる

不安を減らしてから行きたい方は、ダイブに相談すると良いでしょう。

対策⑤:住環境にはこだわっておく

毎日寝る場所だからこそ、悩みがつきもの。

例えば「虫が出る」「相部屋にしたけど個室が良かった」「食材を調達したいのにスーパーが遠すぎる」などは、悩みのもとです。

特にデリケートな方ほどストレスになるので、快適に過ごすために必要な要素を考え、事前に準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】リゾートバイトは事前準備次第で楽しくなる

まとめ

この記事では、「リゾートバイトの注意点・デメリット」、それへの対策を紹介しました。

おさらいすると、下記の通り。

リゾバの注意点・デメリット

  • ①:シフトの融通が効かない
  • ②:寮が住みにくい(Wi-Fiがない等)
  • ③:寮環境が途中で変わる
  • ④:シフトが削られる
  • ⑤:コロナ禍でやりたい体験ができない
  • ⑥:人間関係が悪いと地獄
  • ⑦:思ってたより稼げない
  • ⑧:周辺に何もない

事前に取れる対策

  • ①:目的を明確にする
  • ②:そもそも良い派遣会社に登録する
  • ③:求人票の詳細までしっかりチェックする
  • ④:わからないことは全てスタッフに確認する
  • ⑤:住環境にはこだわっておく

対策をするだけで、デメリットを感じないくらい楽しめるようになります。

ぜひ本記事の内容を踏まえ、失敗しないリゾバ生活をスタートさせましょう。

それでは今回の記事はここまで。

ふるふる
ふるふる

少しでも参考になれば幸いです!

ハズレのない派遣会社

▼関連人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました