>> 【MCバトル革命】ABEMAでのMCバトル配信ラッシュまとめ
>> 5と0の日は楽天でお得に商品ゲット>> Amazonのラッパーファッション一覧
スポンサーリンク

【悲報】ホーチミン一人旅にて、タクシー運転手に金を盗まれかけた話【注意点と対策も話す】

ベトナムドンの写真ライフスタイル

2022年12月1日。

1人でホーチミンに向かい、空港に着いてすぐの悲劇。

おっさんに金を盗まれそうになりました。(がーん)

大事には至りませんでしたが、普通に怖すぎた。。ので、記事にて紹介します。

これから海外旅行をする方は、ぜひ最後まで読んで対策してください。

特に1人で行く方は、参考になるはず。

スポンサーリンク

【経緯】タンソンニャット国際空港を出て5分後の出来事でした

タンソンニャット空港の写真

タンソンニャット国際空港に到着。

とりあえず2万円をベトナムドン(当時のレートで、約340万ドン)に換金し、SIMカードを購入。

ホテルまで10kmほど距離があったので、Grabタクシーで移動することに。

※Grab:海外で使えるタクシーアプリ。日本で言うGOみたいな。

初の海外旅行で右も左も分からないまま、タクシーを呼び、空港前で1人で立っていた時の出来事でした。

きたんですよ、おっさんが。

そのおっさんにお金を盗まれかけまして、一連の流れを下記にて紹介していきます。

【実際の会話】再現してみた

どんな流れだったのか、会話調で紹介します。

なお実際は英語でしたが、ここでは日本語にしてます。

おっさん
おっさん

おーい!何してるんだい?

ふるふる
ふるふる

タクシーを待ってます!

おっさん
おっさん

おれもタクシードライバーさ!乗ってけよ!

ふるふる
ふるふる

いえ、Grabで呼んで待ってるんです!

おっさん
おっさん

おれがまさにGrabのドライバーさ!乗ってけよ!

と言われ、車に乗せられる。

■■タクシーに乗車■■

おっさん
おっさん

まずは前払いで1,000ドンだ!

ふるふる
ふるふる

え?アプリ内決済ですけど…?

おっさん
おっさん

いや、前払いで1,000ドンの現金が必要だ!

仕方ないから払おうとするも、1,000ドンなんて逆に持ち合わせていない。

(日本円で言うと5円くらいの価値。)

着いて間もない僕は、紙幣の種類が分からずモタついてました。

すると…?

おっさん
おっさん

おれが代わりに探してやるよ!

と言い、急に財布を奪ってきた。

おっさん
おっさん

1,000ドン1,000ドン…と

なんかブツブツ言いながら、タクシー車内に僕の札束を全部落としやがりました。

おっさん
おっさん

こんだけで十分だ!財布返すぜ!

そこで異変に気づく。

返ってきた財布にはほとんど紙幣が残されていない。

(元々340万ドン入ってたのに)

ふるふる
ふるふる

(え、まさか盗まれた…?いきなり!?嘘だろ…?)

程なくして、ドライバーの足元に大量に隠されてることに気づいた。

ふるふる
ふるふる

あ、足元にめちゃくちゃ落ちてる!返せ!

おっさん
おっさん

ん?あぁこれか、すまんすまん忘れてた

と言い、ちゃんと返してくれる風に見せるものの、、

足で札束を蹴りながら、何枚かを車内に隠そうとしてました。

ふるふる
ふるふる

(こいつ…もう逃げるしかねぇ…!)

やりやがったなと気づいた僕は、勇気を持ってドライバーを押し飛ばし、足元の紙幣を全部奪い返してすぐに外に出ました。

おっさん
おっさん

お前とは縁がなかった!他を当たれ!くそっ!!

と捨て台詞を吐いてきましたが、こっちから願い下げじゃ!!

その後、無事にGrabで本物のドライバーさんに迎えにきてもらいました。

ふるふる
ふるふる

いやー、本当に散々な出だしでした。

以上、タンソン・ニャット国際空港を出発してわずか10分ほどの出来事でした。

【解説】このおっさんの手口と原因【海外不慣れな方向け】

こうなった原因と対策
  • まず、Grabは現金なんか渡さない
  • Grabは到着後、アプリで連絡が来る。
  • 海外で財布を他人に渡すのは言語道断

慣れている方からすれば「なんだそんなことかよ」ですが、初めての僕にとっては悲惨です。

まず、Grabの使い方を慣れるべきですね。

今やGrabはアジア旅行では必須のアプリなので、必ず使い方を調べておきましょう。

クレカを登録して、行き先と拾ってもらう場所を指定すれば、あとはクレカ決済で済むのですが・・

慣れていないと、僕のように知らないおっさんに騙されます。

特に3つ目ですが、他人に財布は絶対に渡したらダメです。

なんなら日本でもダメですね・・これは油断してました。笑

上記を踏まえ、海外旅行の際に心がけることを次の章にて深掘りしていきます。

スポンサーリンク

【対策全般】海外旅行中にお金を盗られないために心がけること

海外旅行で気をつけること
  • 現金を必要以上に持たない
  • 必需品は肌身離さず持つ
  • 他人を信用しない
  • 他人に財布を渡さない
  • 1人旅行だと3倍増しで気をつけよう

上記の通りでして、少し解説していきます。

現金を必要以上に持たない

海外旅行では、大量の現金はリスキーです。

例えばベトナムは物価が安く、1,000円でも満腹までディナーを食べれたりします。

4日の滞在で、現金2万でお釣りが出まくったので。

物価を事前に調べ、持ち運ぶのは最低限に抑えましょう。

必需品は肌身離さず持つ

意外と危ないのがリュックです。

海外だと、後ろのファスナーを開けられることもザラにあるので。持つとしても、前にかけるなどして、必ず見える位置に置いておくのがベストです。

それを踏まえると、一番安心なのはウエストバッグですね。

僕もウエストバッグに財布や貴重品を入れていきましたが、密着&目に入るので超安心です。しかも動きやすいし。

ブランド品でもそれなりに安く買えるので、コスパも良きです。

価格:3,200円~

価格:4,200円~

他人を信用しない

どれだけ親切に見えても、所詮は他人。

海外なら尚更、その人の真の目的は読めません。

僕を騙してきたタクシーのおっさんも、最初は親切な人だと思って信用してたので。

人間不信になる必要はないですが、初対面の人とは用心深く付き合いましょう。

他人に財布を渡さない

当然中の当然ですが、絶対に死守しましょう。

他国でこんな無防備なことをするのは「私はカモです」と言ってるのと同じ。

僕はいきなりカモられそうになり、マジで怖い思いしたので・・笑

アジア圏の物価が安い国では尚更、日本マネーは現地人からすると黄金の塊なので、絶対にチラつかせないようにしましょう。

1人旅行だと3倍増しで気をつけよう

1人旅行者は、客引きの絶好のエサ。

車のタクシーだけでなく、バイクタクシーもめちゃくちゃ絡んできます。

しかも、怖くなっても相談できる人がいないツラさたるや…笑

僕は初日で心が折れかけたので、一人旅は覚悟の上で行ってくださいね。

スポンサーリンク

補足:タクシーは、Grabを使いましょう

Grab以外のタクシーはまず乗らない方が良いです。

大事なので何回も言います。客引きが死ぬほど多いですが、絶対に乗らないようにしましょう。

ベトナム人は英語すら話せないケースもあり、通常のタクシーだとトラブルに発展するので。

特に金銭トラブルも多いので、アプリ上で全てやり取りできるGrabを使う方が圧倒的に安心です。

日本では使えませんが、出国前に準備だけでも整えておきましょう。

>> grabをダウンロード

スポンサーリンク

【結論】海外1人旅行は、気をつけましょう【もちろん楽しむのを1番に】

ホーチミン、人民委員会庁舎

旅行は楽しんでこそですが、万全の対策は忘れずに。

特に海外は、日本と同じ感覚でいると痛い目に遭います。

意識するだけで防げる事故も多いので、今のうちからしっかり対策を練っておきましょう。

それでは今回の記事はここまで。

ふるふる
ふるふる

気をつけて楽しんできてください!

▼関連人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました