>> 【2024年2月最新】ABEMAのMCバトル配信ラッシュまとめ
>> ふるふるのリゾバ全記事まとめ >> Amazonのラッパーファッション一覧
スポンサーリンク

【4日目】バリ島旅行体験談~星のやバリでまったり~【2024年1月】

※当サイトにはアフィリエイト広告やプロモーションが含まれています。

星のやバリ 旅行

5泊6日のバリ島旅行記録。

この記事では、4日目を紹介します。

3日目の記事は以下です。

3日目 象乗り~ビーチクラブでサンセット

ふるふる
ふるふる

それでは、4日目レッツゴー!

なお6日間全ての情報は、以下記事にまとめています。(注意点も)

スポンサーリンク

【4日目の出来事】壮大な敷地でまったり過ごした1日

■4日目の内容

7:30:起床、ホテルの朝食ビュッフェへ

10:00:ホテルのプールでchillタイム

12:00:チェックアウト

Grabタクシーでウブド方面へ(結構遠い)

14:00頃:星のやバリ到着&チェックイン

まったりタイム

18:00:ディナー

ホテルでまったり

24:00頃:就寝

基本的に、ホテルでずっと過ごしてた1日ですね。

以下より、写真で紹介していきます〜(^ ^)

ホテルの朝食ビュッフェ

RAMAYANAの朝食ビュッフェ

3連泊した「Ramayana Suites & Resort」で、朝食ビュッフェを食べました。

3日目にして初。

一人1,500円で食べ放題の朝食です。

朝からカロリー摂りすぎた…

RAMAYAMAの朝食ビュッフェ

観光客向けのホテルのため、郷土料理だけでなく西欧料理も充実してました。

僕はなぜか甘々のドーナツを沢山とってしまい、朝からお腹が爆発しかけました。

朝食も含め、ホテル全体の雰囲気は、1年前にセブで泊まった以下紹介のホテルに似てました。

南国リゾートはだいたいこんな感じなんですかね。

星のやバリに到着(14:00頃)

星のやバリ

12:00にチェックアウトをし、Grabタクシーで約2時間。

ウブドエリアの辺境にある「星のやバリ」に到着!

ウブドはバリ島の中でも大自然が楽しめるエリアでして、空港からは車で1~2時間ほどの距離です。

長旅ですが、「バリの魅力はウブドの方に詰まってる」と言う方が結構いるので、訪れずにはいられません。

まさにジャングルの中の大豪邸

星のやバリ

フロントから部屋まで、大自然に建てられた通路を通ります。

もはやこの通路でさえアトラクションに感じられるくらい、凝った仕様になっています。

星野リゾートは女性に人気のイメージがありましたが、案外男心をくすぐる仕掛けが多いように感じましたね。

部屋の内装

星のやバリ

天井が高い!

お洒落なカフェくらいの高さです。

そして綺麗すぎる。バリでは3つのホテルに宿泊しましたが、ダントツでここが綺麗です。

何より水回りが清潔なのが、日本人にとっては最大級のリラクゼーション効果があります。

付属プールがレベチすぎる

星のやバリ

部屋から直接プールに出れるのですが・・これが異次元すぎる。

何せ一部屋208㎡ほどあるので(部屋タイプにもよります)、二人で過ごすにはあまりにも贅沢すぎる空間。

この日は、ずっとプールではしゃいでました。笑

ふるふる
ふるふる

プールラウンジという休憩コーナーもありまして、そこで水も飲み放題です。バリだと水も有料のことが多いですが、飲みまくれるのは神。。

ルームサービスで食べたソトアヤム

星のやバリのルームサービス

インドネシア料理のソトアヤム。鶏のスープです。

“ソト”はスープ、”アヤム”は鶏肉という意味だそう。

スープと言いますが、麺が入ってるので「鶏肉ラーメン(素麺)」みたいな感じですね。

つるつるした麺に、クセの少ないスープ、それでいて味はしっかり付いている。

彼女が激ハマりして、このバリ旅行中に何度もソトアヤムを食べてました。笑

大自然を眺めながらディナー

星のやバリのディナー

まずディナー席までもが超オシャレ。

高級レストランに来たような感覚です。

夜は少し涼しいのもまたグッドポイント。

暗くなると雰囲気も抜群

星のやばりのディナー

至福の時間でした。

予約すればコース料理なども食べれますが、アラカルトでいろいろ食べました。

写真はイカンバカール(Ikan Bakar)というインドネシア料理でして、焼き魚です。

スタッフさんのオススメで食べましたが、魚本体というより味付けがエスニックで美味しい。

横のとんがりコーンみたいなのはレッドライス(赤飯)。

ふるふる
ふるふる

高級レストランの雰囲気で、郷土料理を食べる。最高でした〜

4日目は、ここで終了。

ホテルでまったり過ごした1日でした。

スポンサーリンク

【4日目まとめ】都会の喧騒を忘れられた1日

とにかくゆっくりできた1日でした。

と言っても、プールで遊びまくってたので体力的には疲れましたが。笑

次の日(5日目)は、ウブド名物のライステラス(棚田)と、伝統舞踊であるケチャックダンスを鑑賞した1日。

バリと言えば・・でトップに出てくる名称の二つを、1日で堪能しました。コースなどぜひ参考にしてみてください。

ふるふる
ふるふる

それでは今回の記事はここまで!

6日間全ての情報は、以下記事にまとめています。(注意点も)

▼バリ旅行の体験談記事一覧(1日ごと)

▼関連人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました