>> 【2024年2月最新】ABEMAのMCバトル配信ラッシュまとめ
>> ふるふるのリゾバ全記事まとめ >> Amazonのラッパーファッション一覧
スポンサーリンク

【2023年6月】バンコク旅行の体験談記録【3泊5日】

※当サイトにはアフィリエイト広告やプロモーションが含まれています。

チャトゥチャック市場 旅行

2023年6月。

タイのバンコクへ旅行に行ったので、体験談を紹介します。

記事の内容

  • バンコク旅行の費用・やったこと
  • 3泊5日のバンコク旅行体験談【写真で紹介】
  • バンコク旅行に持っていった荷物
  • バンコク旅行の注意点

バンコクへは1人で向かい、バンコクで働く友人と現地で合流。

男2人でがっつり観光を楽しみました。

この記事では、3泊5日のバンコク旅行の体験談を紹介します。

友人が仕事の際は僕一人で観光したので、一人旅の方にも少し参考になる部分があるかもです。

また記事後半では注意点も紹介するので、ぜひそちらもご覧ください。

ふるふる
ふるふる

では、いきましょ〜!!

2023年6月当時、1バーツ=約4円でした。

なので本記事では、その相場で換算してます。

スポンサーリンク

【バンコク旅行】やったことと費用【体験談より】

チャトゥチャック市場

旅行中にやったこと・観光した場所は、以下の通り。

バンコクでやったこと
  • 三大寺院巡り
  • チャトゥチャック市場で買い物
  • メークロン鉄道市場観光
  • アンパワー水上マーケット観光
  • タイ古式マッサージを受ける
  • タイ料理食べまくる
  • トゥクトゥクに乗る
  • 夜の街で遊ぶ

実質遊べたのは3日間のみってことを踏まえると、まあまあ遊べたと思います。

そして総額は、3泊5日で9万5000円ほどでした。

内訳は、ざっくり以下のとおり。

費用の内訳:95,000円

■費用の内訳

・飛行機代(往復):約50,000円

・宿泊代:0円(友人宅のため)

・食費:約7,000円

・飲み屋等:約13,000円

・Grab:約800円

・観光代(入場券など):約4,000円

・タイマッサージ:約2,000円

・お土産代:約5,000円

・交通費(電車など):約3,000円

・その他(娯楽代):約10,000円

===

合計:95,000円ほど(うちバーツ45,000円分利用)

6月が雨季のため、飛行機代を抑えれました。

ホットシーズンであれば往復8万くらいするかもなので、時期の見極めが必要ですね。

(なお雨季に行ったものの一度も雨に当たりませんでした。運よすぎ)

また僕は飲み屋や夜の街で遊び倒してたので、その分お金がかかりましたが、節約すれば「1週間の滞在で合計10万」も可能。

何より料理が安く、1食100バーツ(約400円)あればカオマンガイやパッタイ、トムヤムクンなどの定番料理を食べれるので。

ふるふる
ふるふる

水とかはコンビニで20円程度で買えます!

内訳の注意点

僕は現地の友人に、事前に5万円分を換金しててもらいました。

本来なら空港などで換金する必要があるので、その分の日本円を持っていきましょう。

また僕は友人宅へ泊まらせてもらったので、宿泊費がゼロです。(本当に感謝)

基本はホテルに宿泊する必要があるので、事前にホテルを予約しておきましょう。

agodaExpediaが安いですね。

スポンサーリンク

【バンコク旅行】1日ごとに紹介します【体験談】

ここから、僕自身の3泊5日を写真つきで紹介します。

寄った場所や食べたものを載せるので、バンコク旅行のプランに役立ててください\(^^)/

【1日目】移動&寝るのみ

▼関空からスワンナプーム(バンコク)に向けて出発(19:50くらい)

関空で乗ったバンコクスワンナプーム行きのピーチ

ここから6~7時間のフライト。

一人で向かうのはちょっぴり寂しい。

▼スワンナプーム国際空港に到着、字全く読めん(現地時間0時ごろ)

スワンナプーム空港

入国審査のテクノロジーは日本より上かも?

指紋認証みたいなのをされたので。笑

▼友達と合流し、タクシー乗り場へ

スワンナプーム空港のタクシー乗り場

空港といえば、、ぼったくりタクシー。

海外あるあるですね。

▼セブンイレブンで夜食を購入&就寝(深夜2:00頃)

バンコクで食べた夜食

セブンイレブンもタイ仕様のラインナップ。

カニチャーハンまじで美味い。

前回はベトナムのセブンイレブンにも寄りましたが、ラインナップを見るのが何気に楽しみの一つです。

【2日目】チャトゥチャック市場と夜の飲み屋

友人宅で起床。

この日は友人が午前のみ仕事だったので、帰ってくるまで一人行動でした。

▼センターポイントから出発(8:30)

バンコクのセンターポイントホテル

綺麗すぎ。

バンコクの「BTSトンロー駅」あたりで宿泊してましたが、普通にめっちゃ栄えてます。

和食系レストランも多く、ボーッとしてたら日本と間違えちゃうレベルです。

▼タイ版ドンキホーテは「ドンドン・ドンキ」

ドンドンドンキ

おなじみのペンギンが目に映りました。

▼ラインナップはマジで日本

バンコクのドンドンドンキのラインナップ

ラインナップはさることながら、店内BGMまで日本語でした。笑

「ドンドンドン、ドンキ〜♪ドンキ、ホーテ〜♪」てやつです。

もちろんタイ語版も流れてましたが、ここにずっと滞在すると日本気分が抜けませんね。

▼アマゾンカフェで休憩

カフェAmazon

これはタイで設立されたカフェチェーン。

タイ中心に10カ国以上進出してるらしく、ベトナムに行った時も何店舗か見つけました。

▼豚肉が入った雑炊を食す(11:30)

肉団子雑炊

友人と合流し、オススメの雑炊を食べました。

これがもう、めちゃくちゃ美味い。

他の定番料理(ガパオライスとか)を差し置いて、これが一番ウマいんじゃないかと思ったくらいです。笑

▼トゥクトゥク乗車、風は気持ちいいけど帽子ぶっ飛びそう

トゥクトゥク

やはり吹き抜けは風が気持ちいいですね。

景色も間近で見れるので最高の気分です。

▼チャトゥチャック市場へ(14時ごろ)

チャトゥチャック市場

週末しか空いてない大規模な市場。

食料品・お土産・雑貨・服・アクセサリーなど色んなものが売ってます。

▼区画に分かれてて超広い

チャトゥチャック市場

15,000店舗くらいあるらしく、1店舗ずつ真面目に回ってたら1日じゃ済みません。

なので本当に見たいところだけを見るのが良いとのこと。

ふるふる
ふるふる

ちなみに、広すぎるので気に入ったお店があっても2度と帰ってこれません。笑

▼ジーンズ売り場

チャトゥチャック市場のジーンズショップ

▼スニーカーショップもあったよ

チャトゥチャック市場のスニーカーショップ

本物!?かは怪しいですが。笑

▼カオマンガイを食す(19時ごろ)

カオマンガイ

タイ料理と言えば・・で3番以内に出てくるであろう料理、カオマンガイ。

本場だと100バーツちょっと(400円ちょい)で食べれてお得です。

▼これぞバンコクの夜の街

ソイカウボーイ

日本じゃ味わえない、バンコクならではの夜の街。

めちゃくちゃ面白いので、気になる方は調べてみてください。(ソイカウボーイ)

【3日目】メークロン鉄道市場とアンパワー水上マーケット

この日は、バンコク市街地から2時間以上離れた観光地を巡りました。

鉄道市場と水上マーケットはずっと行きたかったので、1日に詰め込むパワープレー。

▼電車とバスっぽいのでレッツゴー

メークロンに向かうバス

バンコク市街地からは合計2時間以上。

少し長旅ですが、この日は友人と行けたので全然OK。

▼メークロン鉄道市場へ到着(11時過ぎ)

メークロン鉄道市場

線路を囲むように出店されてる市場。

ほとんど食品メインですが、これは日本じゃ見れない激レア光景です。

▼市場のど真ん中に電車が通る、異様すぎる光景

メークロン鉄道市場にやってくる電車

1日に数回、鉄道が目の前を通ります。

これがこのメークロン鉄道市場の醍醐味です。

鉄道が近づいてきた時は、アドレナリンが噴出します。

▼10cm前に出たら轢かれる近さ

メークロン鉄道市場の電車

近すぎ。笑

誰か轢かれないかと心配になるくらいです。

▼通り過ぎたら市場が営業再開、元気すぎか

メークロン鉄道市場の電車が去っていくところ

これもまた面白いんですよね。

通り過ぎた後は、何事もなかったかのように営業が再開されます。

このメリハリの良さ、ぜひ現地で体験してほしいです。

▼線路を目の前に昼ごはん

メークロンで食べた昼ごはん

よく考えたら、線路の目の前でご飯を食べるのも初めてかもしれない。

▼アンパワー水上マーケットへ

アンパワー水上マーケット

やはり一度は来てみたかった水上マーケット。

メークロン鉄道市場からバスで40分ほどで着きます。

▼市場は外が見えず大混雑

アンパワー水上マーケット

船に乗って買い物するのかな?と思いきや、市場は普通に屋内です。笑

ここも食料品がメインでしたね。

なお船に乗って買い物する、ONE PIECEのウォーターセブンみたいなやつは、別の水上マーケットで体験できるそうです。

▼ココナッツアイス、これが超美味い

ココナッツアイス

やはり南国といえばココナッツ。甘い!

このアイスは、日本で食べるデザートと比べてもトップクラスに美味いと感じました。

(と言うか、外が暑いので一層アイスが美味く感じる)

▼タイといえば…ガパオライス!!

ガパオライス

定番中の定番!

これが本場だと500円未満で食べれちゃうお手頃価格です。

スイートチリソースみたいなのをかけたら、死ぬほど辛くなりました。

▼マンゴーとご飯のデザート

タイのデザート

これもタイでは有名なデザート。

「カオニャオ・マムアン」というもの。

もち米にマンゴー、ココナッツミルクをかけたものです。

米のまろやかさとマンゴー・ココナッツの甘さの調和が新鮮で、大満足のデザートでした。

【4日目】バンコク三大寺院巡り

この日は友人が1日中仕事なので、夜まで一人行動。

これ無くしてはバンコク旅行を語れない。てレベルの観光地、「三大寺院」を巡ってきました。

なおこちらの詳しい流れは、以下記事で紹介しています。

>>【写真つき体験談】バンコクの三大寺院を一人で回ってきた

なので本記事では、サクッと紹介していきます。

▼水上バスでお寺へ

ワットアルンへ向かう水上バス

これでチャオプラヤ川を渡りました。

もうほぼ全員観光客でしたね。

▼仏塔が高いワット・アルン(9:20)

ワットアルン

近くで見ると迫力凄いですよ。

と言うか、近くで見ないとデザインの繊細さに全く気がつきません。

▼金色の寝仏像があるワット・ポー(10:30)

ワットポーの大仏

この大仏の写真は、バンコクに行った人は必ずアップしてる気がします。

めちゃデカいです。

▼別名ダイヤモンド寺院のワット・プラケオ(12:00)

ワットプラケオ

寺中が金ピカでした。

タイで最も格式の高い寺院だと言われています。

▼バックパッカーの聖地カオサン通り(13:20)

カオサン通り

お土産や雑貨などを買えます。

日本で会ったタイ人の方に、バンコクのおすすめは「カオサン通り」と教えてくれたので、ずっと行きたかったところです。

▼タイの最後の晩餐

バンコク最後の晩餐

バンコク市街地のトンローまで戻り、友人と合致。

夕食を食べに行きました。

タイビールを飲みつつ、タイ料理を食べまくれて大満足の夜。

▼友人と飲み屋で記念撮影

タイの友達との晩御飯の写真

友人(くめちゃん:右側)よ!ありがとう!!

タイでのお仕事頑張ってくれ!!

【5日目】日本に帰る飛行機のみ

深夜(1:50)発の飛行機に乗るため、スワンナプーム空港へ。

この日は、ただ帰るだけです。笑

▼1本400円の水、高スンギ

空港のめちゃくちゃ高い水

空港価格、ヤバすぎですね。

荷物検査で水は捨てられるので、中で買うしかないのに・・・くそう!!

▼日本に帰国

バンコクから日本に向かうピーチ

いやー、タイ楽しかったです。

ただ実質3日間しか観光ができてないので、またリベンジしたいですね。

次はプーケットやアユタヤ、パタヤとかに行きたい。

またタイに行って、こうやって記事を書きたいものです。

ふるふる
ふるふる

タイは想像以上に栄えてたので、安心して観光できました!

というのも、この前に行ったベトナムとセブは断然治安が悪かったので。

(特にベトナムはやばい、普通に怖かった)

▼参考記事

スポンサーリンク

【荷物】3泊5日のバンコク旅行に持っていったもの

僕自身の荷物を紹介します。

バンコク旅行の荷物
  • パスポート
  • パスポートのコピー
  • SIMカード(日本で購入)
  • 日本円5,000円ほど
  • 財布(無くしても良いもの)
  • クレジットカード(EPOSゴールド)
  • 飛行機の予約票のコピー
  • 着替え5着ほど
  • 帽子
  • サンダル
  • サングラス
  • スマホ
  • 充電器
  • モバイルバッテリー
  • 折り畳み傘
  • 安全ピン(SIMカード入れ替え用)
  • キャリーケースの南京錠

先述の通り、現地で換金する場合は、その分の日本円が必要です。

(僕は現地の友人に5万円分換金しててもらえました。)

予算に合わせて持っていきましょう。レートの確認もしておくと、ざっくり必要な額がわかるはず。

(2023年6月時点では1バーツ=4円ほど。タイ料理は基本100バーツくらいです。)

SIMカードについて

僕は日本で先に購入し、それを持っていきました。

現地の空港でも買えますが、深夜着の便だと店が閉まっている可能性もあるので、不安な方は日本で購入しちゃいましょう。

と言うか、Amazonで買うとめっちゃ安いです。1週間1,000円とか。

僕もAmazonのやつです。

ふるふる
ふるふる

ポケットWi-Fiは結構高いので、僕はSIM派です!

スポンサーリンク

【注意点】バンコク旅行で気をつけること

注意点
  • 市場などはぼったくりが多い
  • チップを渡す文化ということを理解しよう
  • 虫さされ対策をしよう
  • タイ語しか通じないところがある

上記の通りでして、特に「タイ語しか通じない」場合は割と困ります。

英語も通じない or なまりがヤバくて聞き取れないって場合は、大人しく翻訳アプリを使うと便利です。

また市場のぼったくり(値札が貼ってないやつ)は、基本「値切り前提」です。

向こうも手慣れてるので、ジェスチャーか計算機などで値引き交渉してみましょう。

(観光客相手だと、特に高めに請求してくるので)

なおこの値切り合戦は、アジア圏内だと割と共通だったりします。覚えておくと便利です。

ふるふる
ふるふる

正規店や値札がしっかり貼られているものに値切りするのは、マナー的に良くないのでやめましょうね!

スポンサーリンク

【まとめ】バンコク楽しすぎたのでリベンジしたい

メークロン鉄道市場

まず、3日だけでは回りきれません。

バンコクだけでもまだまだ観光地はありますし、タイ全体だと更に沢山あるので。

なので、次は1週間以上は余裕を持ってリベンジしたいな、、と思っている所存。

これを読んでバンコク旅行を考えている方は、期間を少し長めに設定することをオススメします。

やはり滞在費用が安いので、長めにいた方がコスパが良いです。

ふるふる
ふるふる

スケジュールとよく相談してくださいね!

それでは今回の記事はここまで。

他にも旅行系の記事をたくさん書いているので、ぜひご覧ください(^ ^)

▼旅行系の人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました