>> 【無料】映画見放題サービス11社を徹底紹介
スポンサーリンク

【インスタ映え必至】香川県の旅行先ならアートの島・直島がおすすめ!

直島南瓜の写真ライフスタイル
直島南瓜の写真

香川県の楽しい旅行先を知りたい!と思っている方へ。

うどん巡りや小豆島など、香川県には楽しめる旅行スポットがたくさんあります。

しかし、定番のところよりも少し珍しいところに行きたいなーと思うこともあるかと思います。

そこで、今回ご紹介するのは世間的にはまだ少しマイナーな島、

直島(なおしま)についてご紹介します。

直島は「アートの島」と呼ばれるほどオシャレな島です。

上の写真も今回ご紹介する直島のアート作品の一つです!

「インスタに載せたいけど人とかぶりたくなーい。」って人にかなりオススメだと言えます。

さっそく直島についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

直島|瀬戸内海に浮かぶアートの島

直島は瀬戸内海に浮かぶ島です。

周囲16km、面積は8km²というかなり小さな島です。

フェリーで岡山県「宇野港」から約20分、香川県「高松港」から約50分で直島に行くことができます

スポンサーリンク

【アートの島】直島の魅力をご紹介

直島エリアマップの写真

さて、アートの島と言われている直島ですが、実際にどんな魅力的なものがあるのでしょうか。

僕自身2018年の夏にこの直島を訪れたので、より詳しく解説していきます!

【インスタ映え必至!】直島アートの魅力

直島の魅力はなんといってもアート作品の数々です!

島のいたるところにあるので、わくわくしながら島を回ることができます。

黄色かぼちゃ

直島南瓜の写真

こちらは直島の代名詞とも言われるくらい有名な南瓜です。

草間彌生さんの作品。

海の青、空の青をバックにした黄色いボディはとても鮮やかで素敵な写真を撮ることができます。

直島を訪れたら絶対に外せない撮影スポットです!

赤かぼちゃ

直島赤かぼちゃの写真
出典: PHOTOHITO

こちらも草間さんの作品である赤かぼちゃ。

僕が訪れたときは人が多く、単体で写真を撮ることができなかったため写真をお借りしています・・

フェリーを降りたらまず最初に出迎えてくれるのがこの赤かぼちゃです。

こちらもインスタ映え間違いなしな作品ですね!

直島パヴィリオン

直島パヴィリオンの写真

こちらは直島パヴィリオンです。

夜になると写真のようにライトアップされ、素敵な写真を撮ることができます!

明るい時間帯でも、素敵な写真やカップルでのツーショットなども撮れるスポットですね。

デカいゴミ箱

大きなゴミ箱写真

このゴミ箱、とてつもなくデカいです。

周りの木と並ぶ大きさのゴミ箱アートで、ユニークさがあります。

少し見つけにくい場所にあるこのゴミ箱。見つけたら是非このゴミ箱の横に並んで記念撮影してみてください!

アートな象??

象さん写真

とてもアーティスティックな象の作品です。

不思議な色合いが目を引きます!

腰かけている人

腰かけている人

個人的に一番好きなアート作品です。笑

ベンチに腰かけて本を読んでいるアートなおじさん?

とにかく、ユーモア満点で撮影せずにはいられません。

シップヤードワークス

シップヤードワークス

こちらは「シップヤードワークス」という作品。

こちらも海をバックにして撮影することができ、記念撮影にもってこいのスポットです!

【日帰りも可能】直島は自転車で一周できる!

直島は一周16kmの小さな島なので、自転車で回ることをオススメします!

自転車は、直島内にあるレンタサイクルショップで借りることができますので観光の方でも安心して島を散策できます。

山道が所々あるので電動自転車を借りるのがオススメです。

自転車に乗ってアートの作品を散策できる直島。まさに最高のインスタ映えスポット間違いないでしょう。

レンタサイクルについては後ほど詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

実際に直島へ行ってみよう!

直島フェリーの写真

それではこれから、実際に直島に行く際のアクセスや宿泊先、レンタサイクルなどについて詳しくお話していきます!

アクセス|岡山・香川からのフェリー

出典: 直島観光旅サイト

アクセスは、フェリーで岡山県「宇野港」から約20分、香川県「高松港」から約50分です。

値段はかなり割安で、

  • 岡山県「宇野港」~ 大人290円 子供150円
  • 香川県「高松港」~ 大人520円 子供260円

で直島に訪れることができます。

宇野港や高松港までは色々なアクセス方法がありますので、お住まいの地域から一番最適な手段を選ぶと良いでしょう。

詳しい説明は直島|主要都市からのアクセスで紹介されています。

宿泊先

直島で泊まる方は事前に予約しておきましょう。

ホテルは少し値が張るものが多く、お手軽なのはゲストハウスという印象です。

僕もゲストハウスに宿泊させていただきましたが、オーナーの対応が凄く良く、快適に過ごすことができました。

予約は直島|ホテル・ゲストハウス予約からできます。

レンタサイクル

直島の観光には自転車を借りれるレンタサイクルがオススメです。

直島の観光の際は自転車がオススメということをお話しました。

と言うのも、島内には電車が走ってませんので、自転車がないと移動手段がほとんどありません

フェリーが到着する港付近にレンタサイクルショップが並んでいるのでそちらで借りましょう。

しかし事前予約制のお店もありますので、自転車を借りる予定の方は要チェックです

個人的には港付近にある「おうぎや」というお店がかなり人気でオススメです!

レンタサイクルショップ「おうぎや」で予約

スポンサーリンク

まとめ

直島南瓜の写真

この記事では、香川県の穴場旅行スポット「直島」をご紹介しました!

知名度は小豆島などに比べるとまだまだ劣りますが、あまり知られていないインスタ映えスポットとしては抜群の旅行先と言えるでしょう。

僕もこの直島に旅行に行ったとき、友人から「楽しそう、どこ?」とよく言われましたので、ちょっと珍しい旅行先をお探しの方にかなりオススメしたいです!

直島にはこの記事だけでは語りつくせないほどの魅力がありますので、是非実際に足を運んでみてください。

それでは今回の記事はここまで!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました