>> 【無料】映画見放題サービス11社を徹底紹介
スポンサーリンク

【1分で完了】iPhoneの名前(デバイス名)を変更する方法【AirDrop時に役立ちます】

iPhoneのデバイス名の変更方法ライフスタイル

iPhoneの名前(デバイス名)はどこで変更するの?

AirDropする時に名前が『iPhone』のままじゃ分かりにくい!

今回はこんな悩みを解決するべく、簡単にやり方を説明していきます。

わからなかった方もこれで安心、たったの1分で設定が完了します!

本記事の内容
  • iPhoneの名前(デバイス名)を変更する方法
  • デバイス名を変更するメリット(AirDrop)
  • 変更に関してのよくある間違い
スポンサーリンク

【1分でできる】iPhoneの名前(デバイス名)を変更する方法

iPhoneの写真

さて、これからデバイス名(名前)を変更するメリットと、具体的な手順についてご紹介していきます。

デバイス名を変更するメリット【AirDrop時にあり】

デバイス名を変更するときのメリットとしては、AirDrop時に他の人のiPhoneと区別しやすいところです。

AirDropは、近くのiPhoneユーザーの人に高画質のまま写真や動画を送信(共有)できるシステムですが、iPhoneの名前を変更していないと誰がどのiPhoneの持ち主かわからなくなります。

そこで、自分のiPhoneのデバイス名を変更しておくことにより、他の人と間違わずに写真や動画を共有することができます。

デバイス名の変更の仕方

デバイス名の変更の手順は、

『設定』→『一般』→『情報』→『名前変更』

ですぐにできます。

具体的なやり方を画像を使ってご紹介していきます。

設定画面を開く

iPhoneの設定

まずは『設定』をタップして開きます。

一般

iPhoneの設定→一般

そして、『一般』を押します。

情報

一般→情報

次に、一番上にある『情報』をタップして開きます。

名前変更

一般→情報

すると一番上に名前があるので、そこから変更できます。

最初は『iPhone』や『iPhoneⅩ』などになっていると思います。

【※注意】よくある間違い

よくある間違いとしては、

『設定』→『一番上の名前が書いてあるところ』→『名前変更』

の手順で変更しまうことです。

実は、これはiPhone所有者の情報であり、デバイス名とは関係がありません。

iPhoneの名前
名前変更

ここで変更してもデバイス名が変更されたことにはならず、AirDrop時に表示される名前は変わらないので注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、iPhoneのデバイス名を変更する方法をご紹介しました。

手順をおさらいすると、

『設定』→『一般』→『情報』→『名前変更』

AirDrop時に他の人のiPhoneと区別しやすいので、よくAirDropを利用する方は変更しておきましょう。

それではiPhoneの名前(デバイス名)を変更する手順の紹介はここまでです!

iPhoneの位置情報サービスの危険性についはこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました