>> 【無料】映画見放題サービス11社を徹底紹介
スポンサーリンク

【感想】人もチームもすぐ動く『ANAの教え方』、どんな人におすすめ?【書評・ガチレビュー】

ANAの教え方レビューレビュー
悩む人
悩む人
  • 『ANAの教え方』ってどんな本?
  • どんな人におすすめ?

こういった疑問に答えます。

今回の記事では、書籍『人もチームもすぐ動く ANAの教え方』の内容・どんな人におすすめかをご紹介します。

僕自身が読んだ感想を踏まえているので、「自分も読むべきかな?」と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

記事の内容

  • 人もチームもすぐ動く『ANAの教え方』とは?
  • 内容:『ANAの教え方』とはどんな本?
  • 『ANAの教え方』:どんな人におすすめ?
スポンサーリンク

人もチームもすぐ動く『ANAの教え方』とは

書籍『ANAの教え方』

まずは、基本データから紹介します。

▼ 基本データ

タイトル人もチームもすぐ動く『ANAの教え方』
著者ANAビジネスソリューション
出版社KADOKAWA
ページ数219ページ

“ANAビジネスソリューション”とは、ANAホールディングスの100%子会社で、研修事業や人材派遣事業を行っています。

本書『ANAの教え方』は、そんなANAグループのノウハウや教えを叩きこんだ一冊です。

ページ数は他の本と比べても普通くらいですが、図や大きな見出しが何度も出てくるので読みやすいです。

字数も少なくスラスラ読めるので、普段読書をしない方でもストレスなく読めるんじゃないかな?と思いました。

スポンサーリンク

内容:『ANAの教え方』はどんな本?

飛行機が飛んでいるところ

ざっと目次をなぞってみましょう。

● 『ANAの教え方』目次

Chapter 1:「ANA」の先輩は、後輩のサポーター

  1. リーダーより「サポーター」であれ
  2. 答えは教えずに「質問」をする
  3. 現状に不満を持つ後輩には「正解がない問い」を投げる
  4. 感覚ではなく「根拠」をよりどころに教える
  5. 今日のことは今日のうちに。「振り返り」がANAの習慣
  6. 人により教えるレベルを「こっそり」変える
  7. 最高の教え方は「何も言わない」

Chapter 2:ANAの先輩は、思い切って「任せる」

  1. 「代行する」と人は成長する
  2. 修羅場こそ、後輩に任せる
  3. トップダウンでは「大きな考え」だけを示す
  4. 「やってみせる」には3ステップある
  5. 24時間、365日、手本であれ
  6. 仕事ごとの「担当者」を決めて任せる
  7. 勝率50%なら「やってみたら?」

Chapter 3:ANAの先輩は、1人を「チーム」で育てる

  1. 一人ひとりの成長を「班」で見守る
  2. 「家族」で役割分担する
  3. 「超基本」ほど徹底的に教える
  4. 後輩へのフィードバックは「書いて残す」
  5. 目標は必ず「個人レベル」に言い換える
  6. チームの一体感と対話した時間は比例する
  7. 「PDCA+S」がANA流
  8. ひとつ上の立場で考えなさい

Chapter 4:ANAの先輩は、「褒める、叱る」に心を込める

  1. 「褒める9:叱る1」がいいバランス
  2. 小さいことほど「具体的」「大々的」に褒める
  3. 人づてに褒めると、信頼性が高まる
  4. 叱る「前」の土台づくりが9割
  5. 絶対ダメなことには「気づかいゼロ」で叱る
  6. 「99%クロ」でも事情を聞く
  7. 最後は明るく、さっぱりと終わる
  8. 「叱る」と「フォロー」はセットで考える
  9. 怒鳴るより「無言」が効く

Chapter 5:ANAの先輩は、自分自身も「教わる」

  1. 後輩・部下からこそ学ぶ
  2. 後輩から気軽にアドバイスをもらうコツ
  3. お客様が、接遇と気づかいを教えてくれる
  4. 「一人で100点満点」は目指さない
男の子
男の子

多っ!!

と思うかもしれませんが、安心してください。

1つの章は大体4~8ページほどで終わり、区切りをつけやすく読んでて疲れません。

実際、僕は長い時間読み続けれないタイプですが、章ごとにメモしながら楽しく読めました。

見出しや図が多く、字ばかりじゃないから疲れないんですよね本当に。

さて、目次だけつらつらと書いていてもよくわからないと思うので、僕が印象に残ったところを軽く紹介していきますね。

先輩は、後輩が自律成長するためのサポーター

ANAでは、後輩が自ら成長(自律成長)していくのをサポートするのが、先輩の役目だといいます。

なぜ自律成長が必要かというと、各現場で一人ひとりが最善の判断を下すためには、普段から自分で考えて行動できないといけないからです。

先輩
先輩

おい、この書類はこうやって書くんだ。

言う通りにしろ!

後輩
後輩

はいぃ!!

という教えでは、ただ言う通りにしているだけなので後輩は成長できません。

自分で考える力をつけ、臨機応変に対応できるようサポートするのが、ANA流の先輩の役目だといいます。

「その調子でOK!」と言ってあげる

当たり前が成果の時には、「その調子で続ければOK!」と積極的に言ってあげることが大切だと紹介されています。

こうすることで、褒められた後輩の記憶に残り、仕事へのモチベーションが上がるからです。

仕事が順調に進んでいる、いわば「何も問題がない」状態では、褒めるのが難しいですよね。

しかし、そこで何も声を掛けないでおくのではなく、「当たり前のこと」を褒めてあげるだけで、より一層やる気を上げることができます。

先輩
先輩

ふむ、問題なく順調そうだな。

その調子で続ければOKだよ。

後輩
後輩

あ、褒められた・・・

嬉しい!仕事頑張ろう!

あなたも「こんなことできて当然だろう」なんて言わず、「よくやった、その調子で続けよう!」と言ってあげましょう。

きっとそれだけで良い先輩だと思われますよ。笑

スポンサーリンク

『ANAの教え方』どんな人におすすめ?

こんな方におすすめ

僕の意見としては、以下に当てはまる方にはピッタリかと思います。

こんな方におすすめ
  • リーダー・上に立つ役職についている
  • 成長志向がある
  • 後輩や部下を動かしたい
  • 人を動かせる伝え方をしたい
  • ANAに入社したい
  • 凄い上司と言われたい
  • チームの雰囲気を良くしたい

とにかく、伝え方1つでチームを動かせるということを学べます。部下や後輩でなくとも、困っている友人に同じように声をかけれるようになります。

長年続く大手企業の教えなので、個人レベルで成長できるような内容です。

これを読めば、ワンピースの「覇王色の覇気」をまとっているような、カリスマ性のある大人に変身することができます。

ふざけてませんよ、ガチレビューです。笑

スポンサーリンク

『ANAの教え方』:気になったら即読んでみよう

飛行機が飛んでいるところ

今回は、書籍『人もチームもすぐ動く ANAの教え方』を紹介しました。

長年続く大手企業の教えなので、一流の社会人にふさわしいスキルのつけ方を学べます。

成長志向のある方は特に、読んでみて損はしないはず。

1,540円(税込)

▼ 本をたくさん読む方は

Kindle Unlimitedでは、月額980円で何冊でも読むことができます。

たった1冊読むだけでも元を取れるのに、何冊でも読めるので読書好きの方には控えめに言っても神サービスですね。

しかも最初の30日間は無料で体験できるので、1ヶ月で解約すればタダで読み放題です。

登録しても利用するかわからないしな・・と不安な方は、無料体験からまずは試してみましょう。

\ 30日間は無料なので損はしません /

それでは今回の記事はここまで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

当サイトでは他にも書評・レビュー記事を書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました